アルパックアタック2015優勝レースレポート

レース: ALPAC ATTACK 2015
開催日時:2015年4月12~19日

結果:総合優勝
ステージ1:優勝・距離122km・獲得標高1632m・タイム3時間36分13秒・TSS250
ステージ2:優勝・距離118km・獲得標高1923m・タイム4時間11分40秒・TSS265
ステージ3:優勝・距離112km・獲得標高2160m・タイム4時間29分59秒・TSS236
ステージ4:優勝・距離133km・獲得標高3437m・タイム6時間29分47秒・TSS326
ステージ5:優勝・距離60km・獲得標高1116m・タイム2時間14分54秒・TSS138
ステージ6:優勝・距離117km・獲得標高2307m・タイム4時間37分40秒・TSS251

場所:アルゼンチン(2日間)~チリ(4日間)
大会ウェブサイト:http://theyakattack.com/patagonia_2015/#home

今年が初開催のレース。アルゼンチンとチリに広がる南米パタゴニアの大地を舞台に6日間で700キロ走破するMTBステージレース「アルパック・アタック」。13か国からレーサーが集まり、日本からは私唯一人の参加となった。

昨年暮れからPCGの中田コーチとトレーニングをガラリと変え、フィットネスを向上させた。冬の厳しいトレーニングを乗り越えた今の力を試す意味でも気合いを入れて今大会へ臨んだ。

昨年に引き続き自分のテーマは「超戦」。挑む戦いではなく、自分を超える戦い。レースを終えたときに今の自分に勝ち、超えていること。

11161366_369890079881827_4402833233934387821_n(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

第1ステージ。

11150445_369891113215057_3641119499786048741_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

早速パタゴニア名物の強風との戦いが始まった。

平坦と強風の中、飛び出した3人で先頭集団を形成するもレース中盤でパンク。修理中に後続に追い抜かれ、先頭へ戻るために必死に追い込んだ。

11133749_369895659881269_1583027134868590523_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

ゴール前でなんとか追いつき、スプリントで競り勝ち1秒差でギリギリ優勝をもぎとった。

11130118_369896219881213_1049718219939283983_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

初戦を勝利したことで気持ち的には波に乗ることができた。しかし、かなり足を使ってしまったので大きなダメージを負ったのも事実だ。

第2ステージ。

昨日のダメージを考慮し、序盤は集団で様子を見た。

10836553_761520790628688_1463662961_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

長い登りに差し掛かったところでアタック。

10380905_370687949802040_4865231792894804602_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

冬のトレーニングで培ったパワーで後続を引き離すことに成功。

12904_370686193135549_5619760306428325015_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

強風に加え、砂とラフな路面が容赦なく続く。深い川を渡るセクションも。

11131914_10152815102173597_1515937525_n

©Steve Edwards

レースの半分以上の距離を単独で逃げ切り、きっちり最後まで追い込んで約20分のリードで優勝!

11173708_10152815102658597_131804316_n

©Steve Edwards

第3ステージ。

今日は国境を越えてアルゼンチンからチリへと移動。

11038573_370694813134687_2504653471778146210_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

グループライドで国境を越え、検問を越えてから正式にレースがスタートした。

周りと比べて登りで部があることが分かったので、今日の中盤にある20キロ以上続く登りでのアタックを心に決める。登りまではできるだけ集団の後方に身を潜めて力の温存に努めた。

11149502_370695916467910_3677597696422527236_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

登りでのペースアップには誰も着いてくる様子はなかった。

11173418_370688873135281_4414081441676098449_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

コーチとのトレーニングが間違っていなかったことを確信し、さらに湧いてくる力をペダルに込めた。

今日も結果は優勝!

この日はフィニッシュ後に豪華ランチがお出迎え!

984305_370687159802119_7909876294303530597_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

第4ステージ。

気温は一桁前半、ミゾレ混じりの雨が降るスタート前。

11011620_370840503120118_4479594546816730172_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

かなり過酷な条件の中でレースは始まった。山の上は白くなっている。

11159480_370840729786762_3777509964772909467_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

本来登るはずだった峠が積雪のために閉鎖され、コースは130キロから70キロの往復140キロに変更された。

寒さ、強風、雨、泥、中盤には雹も降り始めた。ギヤがギリギリになるほどの斜度の坂がひたすら続く。過酷な環境が次々にレーサー達をふるいにかけた。

11148717_370844723119696_4775307896361868952_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

約60キロで2人に絞られ、往復する少し手前の激坂で単独リード。残りの復路は自分との闘い。足を緩めることなく最後まで追い込み、1位でゴール。

11124100_10152815396768597_271598958_n

©Steve Edwards

レインジャケット、レインパンツ、ヘルメットカバー、防水グローブ、シューズカバー、前後の泥除け、ホットオイルなど、周到に雨と寒さ対策をしていたことも今ステージの優勝に繋がった。

11149454_370843526453149_3222448203764024854_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

第5ステージ。

昨日の悪天候からがらりと変わり晴天に恵まれた。

11080250_10153267695796151_8260057447669334820_n

25キロ登って35キロ下るシンプルな短いステージ。登りの中盤まで足の反応が悪く、なかなか飛び出せなかったが頂上5キロ手前にしてようやく足が回り始めてアタックを決めた。

11152676_10206532337532944_4121953601921813919_n (1)

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

下りの序盤は超スピードの森の中のダウンヒル。楽し過ぎて勝手に笑みが浮かぶ。

しかし、後半の下りは斜度が緩く、ラフな路面、そして強い向かい風。後続は集団で協力して走行しているとの情報が入る。

とても辛い状況だったが逃げ切るために最後まで追い込み続けた。差は詰められたがなんとか1位でフィニッシュ。

11156888_10152815399913597_1693171686_n

©Steve Edwards

最終第6ステージ。

スタートから20%を超える厳しい登りが続く。

11091221_10152815395178597_2014457404_n©Steve Edwards

膝ほどの深さの冷たい川をいくつも渡る。ブラジルのパブロ選手が非常に強く、2人でペースアップしていった。

二人の勝負になると確信したが、まさかの先導バイクの誘導ミス10キロほどコースアウト。30分近くのタイムロスとなった。

モチベーションを立て直すのに時間がかかったが、コース序盤でのことだったのが不幸中の幸い。

気を取り直して再びペースアップして順位を上げていった。最後5キロほどで土砂降りの冷たい雨が降り始めたが、ジャケットを携帯していたのが幸いだった。

最終ステージも無事に優勝。

11015102_369896273214541_3475166652360745351_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

6日間完全優勝することができた。

親友であり、元チームメートのソーニャ・ルーニー選手は女性カテゴリーをぶっちぎり優勝。さらに総合でも7位!とても強かった!おめでとう!

10998081_369897206547781_831470011408719264_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

今回のフィニッシュでワールドチャレンジシリーズ(ネパールのヤック・アタック、スリランカのランブル・イン・ザ・ジャングル、アルゼンチン/チリのアルパック・アタック)全てを最初に完走した4人のレーサーの内の1人となった。

11107737_10153267374271151_4838746036343337252_n

さらに今回の優勝で11月のヤック・アタック(ネパール・ヒマラヤ山脈)への招待枠を手に入れた。昨年は準優勝。今年こそはぜひ優勝したいレースだ。

レース以外にもたくさんの収穫があった。憧れの地パタゴニアの大自然を体験できたこと。美しいほどに過酷な環境。南米の文化にも触れ、新しい出会いも沢山あった。素晴らしい経験をくれた今回の遠征はとても有意義なものとなった。

11147091_10153267632056151_2132872352637266980_n

冬の間のトレーニングを存分に発揮することができたレースとなった。

優勝という良い形でシーズンをスタートできたことは非常に嬉しい。

この勢いで今シーズンは世界で結果を残していきたい!

スポンサー、家族、友人、コーチ、応援してくれたすべての方たちに心から感謝。ありがとうございました。

これからもどうぞ応援よろしくお願いいたします。

レース機材:

バイク: Canyon Grand Canyon CF SLX 29
ドライブトレイン:SRAM XX1(34t)
タイヤ: Continental X King 2.2 Protection
グリップ: Ergon GS1
グローブ: Ergon HX2
ペダル: Crank Brothers Eggbeater 11
サングラス: Limar
ヘルメット: Limar

ボトルケージ: Topeak ShuttleCage CB
チェーンオイル:Finishline Ceramic Wet Lube

補給食:GU(ドリンク)パワーバージェル&VESPAプロSayako’s Kitchen
リカバリー:C3fit コンプレッションソックス
テーピング:ニューハレ

パーソナルスポンサー:
NEW HALE:テーピング
自転車コーキ屋
Peaks Coaching Group Japan
VESPA
パワーバー
THE NORTH FACE
C3フィット
なでしこ健康生活・生きている玄米
ヒロコンフーズ
VITAMIX
HALO HEADBAND:ヘッドバンド
オルタナティブバイシクルズ
スポーツクラブ ルネサンス

チームスポンサー:
Ergon
Topeak
Canyon
SRAM XX1
ContinentalTires
Primal Wear
Finish Line
Defeet
Crank Brothers
Chamois Butt’r
Stan’s No Tubes

 

アルパックアタック完全優勝してきました!

更新遅れてすみません。

南米6日間700キロ走破して「アルパックアタック」6ステージ全て制し、

初代チャンピオンとなりました!

11015102_369896273214541_3475166652360745351_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

お陰様で本日無事に帰国しました。

成田では家族(両親と妻)がまさかの垂れ幕でのお出迎え!照れくさいけれど嬉しくて感動してしまいました。素晴らしい家族を持ったことに心から感謝!ありがとう!

11156189_761735587273875_4056590252240269515_n

 

しかし、過酷な3日間の移動疲れはレースの優勝の余韻すら吹き飛ばすものでした・・・泣。

身体は固まりきって眠気マックスでしたが、さっそくゆる~いMTBライドへ出かけて身体をほぐしてきました。時差ぼけ回復には適度な運動が一番!

10373748_10153276638686151_8924837247180165214_n

レースの模様は後日レポートをアップするのでよろしくお願いします!

↓こんな素晴らしいところでのレースでした♡

11152676_10206532337532944_4121953601921813919_n

(c) Harry Kikstra, ExposedPlanet.com, all rights reserved

南米パタゴニア700キロ明日から始まります!

ご無沙汰して申し訳ありません!南米到着以来Wifi環境があまりにも悪かったので・・・(言い訳w)

初開催レース「アルパック アタック」明日から始まります!Race-Promo-Web-1-1024x691

 

↑コースはこんな感じです。

家族の暖かい見送りを受けて日本を発ちました!

10999562_10153234537246151_3247752308472364513_n

そして、サポーターの皆さんからも大きなエネルギーをもらいました!

1 

約3日かかって南米アルゼンチンはパタゴニア地方に到着しました。

21322_10153244467406151_1705292839213328772_n

パタゴニアの自然はただただ美しいです・・・

10454484_10153245528586151_8566477531228645446_n

 

レース前に出会ったローカルの人たちに案内されて最高のライドをしました。

10426300_10153245513636151_4895153242757428163_n

ライド以外にも友達との再会、新しい出会い、文化、大自然、素晴らしい経験をしています!これもすべてMTBをしているおかげ。感謝感謝です!

11146192_683766665062816_3210904139967365253_n (1)

明日からいよいよステージ1が始まります。

今年も己を超える戦い、「超戦」が始まります!挑む挑戦ではなく、超える戦いです☆新しい自分を見るために!

11121105_10153246645271151_1330500301710273593_n (1)

ここからレース結果が見られます!6日間思い切りやってきます!

http://theyakattack.com/patagonia_2015/leaderboard/

 

アルパックアタックへ向けて。トレーニング紹介。

4月12日から始まる南米パタゴニア、アンデス山脈700キロレース「アルパックアタック」がいよいよ近づいてきました。

コースプロファイルは↓のような感じです。5日目以外は全て100キロ越え。最終日は154キロ!

Race-Promo-Web-1-1024x691

いろんな意味でゾクゾクしますね~w

このレースのためのトレーニングは着実に、順調に進んでいます!

先週末のCSCクラシックでは現状のフィットネスをテストするとても良い機会となりました。

そして、私が絶対的な信頼を置いている中田コーチ(Peaks Coaching Group)との相談の上、CSCクラシックを皮切りに5日間休みなしに追い込むステージレースを意識したブロックトレーニングを行いました。

以下がざっとですがまとめの情報です。大体の感じはつかめるのではないかと思います。

  • 1日目:CSCクラシック(XCエリートレース&2.5時間耐久レース 2本立て)

TSS 273、3232kcal, 約3時間半、83.5km、獲得標高2811m

  • 2日目:エンデュランスライド

TSS 141、2532kcal, 4時間、90km、獲得標高1583m

  • 3日目:EPD マイクロテンポ w/ FTP

TSS 230、2820kcal, 4時間、90km、獲得標高2140m

  • 4日目:Long Ride- FTP 2 x 20min, Micro-burst, Tempo

TSS 329, 4642kcal, 6時間、144km、獲得標高2902m

  • 5日目:ENDURANCE w/ BURSTS, SST

TSS 174、2434kcal, 3時間20分、78.7km、獲得標高1289m

実にしんどかったですが、何とかやり切りました!意外にも最後の二日間は足は疲れていたもののエネルギーに溢れ最後まで集中してメニューを走りこめました。

5日間追い込み、ステージレースを再現することでトレーニングになるだけでなく、身体の反応や疲労具合などがわかり、対策を練ることも可能となります。精神的な強み、安心感にも繋がります。

下グラフはここ90日間(+先20日間:点線)のパフォーマンスの推移を表すグラフです。CTL(青線)とATL(赤線)がガッと最後上がっているところが5日間のステージレースシミュレーションです。その代りTSB(黄線)はガッと下がっていますw

2

CTLがじっくり右上がりになっていることがオフトレーニングが上手くいっている証拠です。昨年も上がってはいたのですが、上がる角度が急すぎたこともあり、シーズン中のパフォーマンスが安定しなく、上手くコントロールできていないところがありました。

しかし、今回はじっくり着実に上げているので恐らくシーズン中も例年に比べてパフォーマンスの安定が望めるでしょう。しかも、CTLの値はすでに昨年のシーズン中一番上がっていた頃の数値を上回っています!

この後はしっかり休養を取り、再びレースに向けてCTLをキープしながらTSBを上げていきます。

今度のアルパックアタックのコースはクロスカントリーのレースの様に細かいアップダウンの繰り返しではなく、高い出力を長時間キープする長い登りの能力がキーとなります。そこを意識したトレーニングを重点的に行ってきました。

12月半ばから今シーズンに向けて中田コーチと共にPCGのトレーニングを開始し、徐々にじっくり上げていき、特に今回のステージレースやマラソンのベースとなるFTPとVO2MAXの領域を例年以上に強化しました。

VO2MAXの5分テストは363wから404w

20分テストは309wから341w

と順調に向上しています。

昨年までは自身がコーチの資格もあり、セルフコーチでメニューを組んでいました。今シーズンからPCGの中田さんにコーチをしてもらうことになり、最初は戸惑うこともありました。しかし、すぐに不安は解消され、信頼関係が構築され、最高の形でトレーニングがスタートしました。

客観的に分析してもらうことでこんなにもメリットがあり、相乗効果があるものだとは!もっと早くコーチと出会えれば良かった~!っとまで思っています。

「早く今のパワーをレースで出したい!」という気持ちが沸々と湧いてきています。

もうちょっとそのはやる気持ちを抑え、溜めて、パタゴニアで一気に爆発させたいと思います!

ニューバイクも届いてやる気MAXです☆よろしくお願いします!

IMG_9001[1]

CSC Classicレースレポート

レース: CSC Classic 2015
開催日時:2015年3月22日

結果:
XC ELITE: 4位
2.5時間耐久: 総合優勝

場所:伊豆修善寺CSC
大会ウェブサイト: http://hasshiy288.wix.com/cscclassic

私にとってシーズン開幕戦となる今大会。昨年の秋以来のレースだ。今回は12月半ばからトレーニングをじっくりと行い、コーチとの相談の上、現時点でのフィットネスを確認する大切なレースとして臨んだ。

11時からのXCエリートと13時からの2.5時間耐久にダブルエントリー。

長距離レースをメインに出場している私だが、XCのレースに出ることは現状の高強度域での限界出力、無酸素域のリピータビリティ(反復能力)、レースでしか出せないデータ値を見る重要なチャンスだ。

XCは予想タイムが1時間ほどと短いのでウォームアップは入念に行った。特にマスターの年齢は暖まりに時間がかかることもあり、FTPやVO2MAX域の刺激もしっかり入れた。

久々に顔を合わせるXC選手達とスタートラインに並び、談笑。彼らとまたスピードレースができることが純粋に楽しみでテンションも上がる。

10441923_745453018902132_7727880377928250017_n

©Sayako

XC独特のスタートの緊張感が張りつめる。

伊藤秀洋

©伊東秀洋

最初から全力で追い込む。さすがXC、スタートダッシュが速い。

伊藤秀洋12

©伊東秀洋

6-7番手あたりで最初の登りを越え、2つ目の急勾配の舗装路の登りで5番手につける。

伊藤秀洋1

©伊東秀洋

前方の沢田選手に追いつき、4-5番パックとなる。

レース時間が短い上に、ひたすら細かいアップダウンを繰り返していくスピード展開のレイアウトは気を抜けない。マラソンレースにはない緊張感だ。強度が非常に高く、きついがこれもまた刺激的で楽しい。

伊藤秀洋3

©伊東秀洋

しかし、短い瞬発的な登りで沢田選手から徐々に差を付けられてしまう。久々のXC強度に身体が悲鳴を上げる。

伊藤秀洋2

©伊東秀洋

このきつくなったところから本当の勝負が始まる。ここは根性が大切だ。ここで精神状態が落ちると身体にも影響し、スピードもダウンする。耐えて耐えてひたすらペダルを踏み込む。きついのは皆一緒だ。

身体も徐々に強度に慣れてきて再び追い上げモードに。4位に浮上。

MakotoAyano2

©Ayano Makoto

6周回で全て出し尽くすために必死に追い込むが悔しいが前との差が縮まらない。

4-5周目にまさかのトラブルが2回発生。下車を余儀なくされるが落ち着いて対処。秒単位で順位が動くXCでは致命的だが焦ってミスをしないことも大切だ。

伊藤秀洋5

©伊東秀洋

3位の選手から離されてしまったが幸い後続には追いつかれずにトラブルに対応できた。あとは、ラスト1周追い込むのみ。

MakotoAyano

©Ayano Makoto

ここにきてまた良い感じに踏めている。高強度の耐性が付いてきていることを感じる。

最後までペダルを緩めることなく、フィニッシュ。

MakotoAyano1

©Ayano Makoto

レースは57分台。こんなにも短く高強度のレースは本当に久しぶりだったが、それなりに対応できていたことを実感。これからのトレーニングでさらに伸びていくことも同時に実感できた。

20822_745452858902148_1190310750595507950_n

次はクールダウンをする暇もなく、2.5時間の耐久レースへの準備。お昼の時間でお腹もすく。しかし、1時間も間が無いので固形物の食事は避け、リカバリードリンク、エナジーバー、VESPA RECOVERYなど消化にあまり負担をかけないもの摂取した。

11070191_745617965552304_8179823816509955418_n

©Sayako

耐久レースの私のバイクは変速ができないシングルスピード。32t-18tの組み合わせ。レースの坂の斜度に対して重めだがこれをしっかり最後まで踏みきることがゴールだ。

11037767_745453972235370_2528415506260306009_n

©Sayako

今度のレースは長いので若干強度は落ちるが、基本2.5時間全力だ。冬の間一番取り組んだ領域が試されることになるだろう。

シングルスピードカテゴリーは最後尾からスタート。SSの皆は常に明るいフレンドリーな雰囲気だ。スタート前の緊張を緩めてくれる。

10475222_745570068890427_4783118044500146416_n

CSCクラシックも今回初のSSカテゴリーを設立。というのも今年10月にはSS世界選手権がなんと日本で開催される。その影響もあり、SS人気が沸々と盛り上がってきているのだ。

1周目は予想していた渋滞を冷静にすり抜けながらのレース展開。XCレースで追い込んだ身体が一回冷えているので若干かかりが鈍い。

伊藤秀洋11

©伊東秀洋

30分ほどこいでいると身体が暖まり、ペダルへ込めるチカラが強まっていく。安定したハイペースでラップタイムを刻む。急勾配の坂では重いギアで止まりそうなスピードになり苦しむが、身体の使い方のコツをつかんでくるとそのギリギリな部分も楽しめるようになってきた。

シングルスピードは非常に奥深い。体重の重心の使い方次第でバイクの進み具合も変わってくる。ギヤ変速に頼らずに一枚のギヤと身体の使い方で路面変化に対応していくのだ。

足の疲労が蓄積していく中、自然に身体が省エネの動きを習得していく。

伊藤秀洋9

©伊東秀洋

ペダルからのトルクを全身で感じて、自重とバイクを操る。超辛いのも事実だがこのシングルスピードならではのバイクとの一体感がなんとも楽しい。この感覚は病み付きになりそうだ。

平地部分ではギヤが足りずに回し切ってしまうがそのもどかしさもまた一興。追い込みながらも思わず笑みがこぼれる。

伊藤秀洋7

©伊東秀洋

途中、シングルスピードのみならずチームなども含めた総合で1位との情報が入る。まさかとは思ったが、モチベーションは上がりガシガシダンシングでさらに追い込んだ。

コース上ではたくさんの人たちと交流があったり、プロの走りを体感してもらえたりするのも耐久レースの魅力の一つ。

11030851_745617752218992_2751480274375300234_n

©Sayako

お互いに励まし合い、お互いのゴールへ突き進む。

丸一日サポートに徹してくれたSayakoのチカラも大きい。レース前、中、後に分けて配合してくれたスペシャルドリンクの効果も最高に良く、一日のエナジーレベルを高く持続させてくれた。さすがアスリートフードスペシャリストだ。

11073976_745354455578655_2388222549818584442_n

エリートレースから始まり、耐久2.5時間最後までペースをが落ちることなくフィニッシュ。

603830_745617895552311_2233288986979403898_n

©Sayako

結果、シングルスピードカテゴリーのみならず総合で優勝することができた。

11071716_745530045561096_7758073078829999408_n

©Sayako

優勝スピーチでは、今回のレースの楽しさに加え、来月の南米パタゴニア700キロレース優勝とマラソン世界選手権で最高の結果を残したいと抱負を語らせてもらった。

11072626_745530128894421_7682782320935471080_n

アットホームな会場は終始とても良い雰囲気だった。

大会運営スタッフの皆様お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

また来年も参加したいと思わせてくれたレースでした。

そして、スポンサー、家族、友人、コーチ、応援してくれたすべての方たちに心から感謝。ありがとうございました。

今回のレースを皮切りに本格的なシーズンが始まって参ります。

次のレースは4月12~19日、南米パタゴニアで行われる「アルパックアタック」6日間700キロレース。レースまでにできること全てやって最高の結果を残してきます。

これからもどうぞ応援よろしくお願いいたします。

レース機材:

バイク: Canyon Grand Canyon CF SLX 29
ドライブトレイン:SRAM XX1(34t)
タイヤ: Continental X King/Race King 2.2 Protection
グリップ: Ergon GS1
グローブ: Ergon HX2
ペダル: Crank Brothers Eggbeater 11
サングラス: Limar
ヘルメット: Limar

ボトルケージ: Topeak ShuttleCage CB
チェーンオイル:Finishline Ceramic Wet Lube

シングルスピードバイク
バイク: Canyon Grand Canyon CF SLX 29
ドライブトレイン:SRAM XX1(32t)、キックアスコグ(18t)、フィボナッチスペーサー
タイヤ: Continental Race King 2.2 Protection
グリップ: Ergon GS2
グローブ: Ergon HX2
ペダル: Crank Brothers Eggbeater 11

補給食:GU(ドリンク)パワーバージェル&VESPAプロSayako’s Kitchen
リカバリー:C3fit コンプレッションソックス
テーピング:ニューハレ

パーソナルスポンサー:

自転車コーキ屋
Peaks Coaching Group Japan
スポーツクラブ ルネサンス
パワーバー
C3フィット:コンプレッション
VESPA
NEW HALE:テーピング
HALO HEADBAND:ヘッドバンド
オルタナティブバイシクルズ
Fujimoto Farm 弥之助蓮根
なでしこ健康生活・生きている玄米
ヒロコンフーズ

チームスポンサー:
Ergon
Topeak
Canyon
SRAM XX1
ContinentalTires
Primal Wear
Finish Line

Defeet
Crank Brothers
Chamois Butt’r
Stan’s No Tubes