CSC Classicレースレポート

レース: CSC Classic 2015
開催日時:2015年3月22日

結果:
XC ELITE: 4位
2.5時間耐久: 総合優勝

場所:伊豆修善寺CSC
大会ウェブサイト: http://hasshiy288.wix.com/cscclassic

私にとってシーズン開幕戦となる今大会。昨年の秋以来のレースだ。今回は12月半ばからトレーニングをじっくりと行い、コーチとの相談の上、現時点でのフィットネスを確認する大切なレースとして臨んだ。

11時からのXCエリートと13時からの2.5時間耐久にダブルエントリー。

長距離レースをメインに出場している私だが、XCのレースに出ることは現状の高強度域での限界出力、無酸素域のリピータビリティ(反復能力)、レースでしか出せないデータ値を見る重要なチャンスだ。

XCは予想タイムが1時間ほどと短いのでウォームアップは入念に行った。特にマスターの年齢は暖まりに時間がかかることもあり、FTPやVO2MAX域の刺激もしっかり入れた。

久々に顔を合わせるXC選手達とスタートラインに並び、談笑。彼らとまたスピードレースができることが純粋に楽しみでテンションも上がる。

10441923_745453018902132_7727880377928250017_n

©Sayako

XC独特のスタートの緊張感が張りつめる。

伊藤秀洋

©伊東秀洋

最初から全力で追い込む。さすがXC、スタートダッシュが速い。

伊藤秀洋12

©伊東秀洋

6-7番手あたりで最初の登りを越え、2つ目の急勾配の舗装路の登りで5番手につける。

伊藤秀洋1

©伊東秀洋

前方の沢田選手に追いつき、4-5番パックとなる。

レース時間が短い上に、ひたすら細かいアップダウンを繰り返していくスピード展開のレイアウトは気を抜けない。マラソンレースにはない緊張感だ。強度が非常に高く、きついがこれもまた刺激的で楽しい。

伊藤秀洋3

©伊東秀洋

しかし、短い瞬発的な登りで沢田選手から徐々に差を付けられてしまう。久々のXC強度に身体が悲鳴を上げる。

伊藤秀洋2

©伊東秀洋

このきつくなったところから本当の勝負が始まる。ここは根性が大切だ。ここで精神状態が落ちると身体にも影響し、スピードもダウンする。耐えて耐えてひたすらペダルを踏み込む。きついのは皆一緒だ。

身体も徐々に強度に慣れてきて再び追い上げモードに。4位に浮上。

MakotoAyano2

©Ayano Makoto

6周回で全て出し尽くすために必死に追い込むが悔しいが前との差が縮まらない。

4-5周目にまさかのトラブルが2回発生。下車を余儀なくされるが落ち着いて対処。秒単位で順位が動くXCでは致命的だが焦ってミスをしないことも大切だ。

伊藤秀洋5

©伊東秀洋

3位の選手から離されてしまったが幸い後続には追いつかれずにトラブルに対応できた。あとは、ラスト1周追い込むのみ。

MakotoAyano

©Ayano Makoto

ここにきてまた良い感じに踏めている。高強度の耐性が付いてきていることを感じる。

最後までペダルを緩めることなく、フィニッシュ。

MakotoAyano1

©Ayano Makoto

レースは57分台。こんなにも短く高強度のレースは本当に久しぶりだったが、それなりに対応できていたことを実感。これからのトレーニングでさらに伸びていくことも同時に実感できた。

20822_745452858902148_1190310750595507950_n

次はクールダウンをする暇もなく、2.5時間の耐久レースへの準備。お昼の時間でお腹もすく。しかし、1時間も間が無いので固形物の食事は避け、リカバリードリンク、エナジーバー、VESPA RECOVERYなど消化にあまり負担をかけないもの摂取した。

11070191_745617965552304_8179823816509955418_n

©Sayako

耐久レースの私のバイクは変速ができないシングルスピード。32t-18tの組み合わせ。レースの坂の斜度に対して重めだがこれをしっかり最後まで踏みきることがゴールだ。

11037767_745453972235370_2528415506260306009_n

©Sayako

今度のレースは長いので若干強度は落ちるが、基本2.5時間全力だ。冬の間一番取り組んだ領域が試されることになるだろう。

シングルスピードカテゴリーは最後尾からスタート。SSの皆は常に明るいフレンドリーな雰囲気だ。スタート前の緊張を緩めてくれる。

10475222_745570068890427_4783118044500146416_n

CSCクラシックも今回初のSSカテゴリーを設立。というのも今年10月にはSS世界選手権がなんと日本で開催される。その影響もあり、SS人気が沸々と盛り上がってきているのだ。

1周目は予想していた渋滞を冷静にすり抜けながらのレース展開。XCレースで追い込んだ身体が一回冷えているので若干かかりが鈍い。

伊藤秀洋11

©伊東秀洋

30分ほどこいでいると身体が暖まり、ペダルへ込めるチカラが強まっていく。安定したハイペースでラップタイムを刻む。急勾配の坂では重いギアで止まりそうなスピードになり苦しむが、身体の使い方のコツをつかんでくるとそのギリギリな部分も楽しめるようになってきた。

シングルスピードは非常に奥深い。体重の重心の使い方次第でバイクの進み具合も変わってくる。ギヤ変速に頼らずに一枚のギヤと身体の使い方で路面変化に対応していくのだ。

足の疲労が蓄積していく中、自然に身体が省エネの動きを習得していく。

伊藤秀洋9

©伊東秀洋

ペダルからのトルクを全身で感じて、自重とバイクを操る。超辛いのも事実だがこのシングルスピードならではのバイクとの一体感がなんとも楽しい。この感覚は病み付きになりそうだ。

平地部分ではギヤが足りずに回し切ってしまうがそのもどかしさもまた一興。追い込みながらも思わず笑みがこぼれる。

伊藤秀洋7

©伊東秀洋

途中、シングルスピードのみならずチームなども含めた総合で1位との情報が入る。まさかとは思ったが、モチベーションは上がりガシガシダンシングでさらに追い込んだ。

コース上ではたくさんの人たちと交流があったり、プロの走りを体感してもらえたりするのも耐久レースの魅力の一つ。

11030851_745617752218992_2751480274375300234_n

©Sayako

お互いに励まし合い、お互いのゴールへ突き進む。

丸一日サポートに徹してくれたSayakoのチカラも大きい。レース前、中、後に分けて配合してくれたスペシャルドリンクの効果も最高に良く、一日のエナジーレベルを高く持続させてくれた。さすがアスリートフードスペシャリストだ。

11073976_745354455578655_2388222549818584442_n

エリートレースから始まり、耐久2.5時間最後までペースをが落ちることなくフィニッシュ。

603830_745617895552311_2233288986979403898_n

©Sayako

結果、シングルスピードカテゴリーのみならず総合で優勝することができた。

11071716_745530045561096_7758073078829999408_n

©Sayako

優勝スピーチでは、今回のレースの楽しさに加え、来月の南米パタゴニア700キロレース優勝とマラソン世界選手権で最高の結果を残したいと抱負を語らせてもらった。

11072626_745530128894421_7682782320935471080_n

アットホームな会場は終始とても良い雰囲気だった。

大会運営スタッフの皆様お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

また来年も参加したいと思わせてくれたレースでした。

そして、スポンサー、家族、友人、コーチ、応援してくれたすべての方たちに心から感謝。ありがとうございました。

今回のレースを皮切りに本格的なシーズンが始まって参ります。

次のレースは4月12~19日、南米パタゴニアで行われる「アルパックアタック」6日間700キロレース。レースまでにできること全てやって最高の結果を残してきます。

これからもどうぞ応援よろしくお願いいたします。

レース機材:

バイク: Canyon Grand Canyon CF SLX 29
ドライブトレイン:SRAM XX1(34t)
タイヤ: Continental X King/Race King 2.2 Protection
グリップ: Ergon GS1
グローブ: Ergon HX2
ペダル: Crank Brothers Eggbeater 11
サングラス: Limar
ヘルメット: Limar

ボトルケージ: Topeak ShuttleCage CB
チェーンオイル:Finishline Ceramic Wet Lube

シングルスピードバイク
バイク: Canyon Grand Canyon CF SLX 29
ドライブトレイン:SRAM XX1(32t)、キックアスコグ(18t)、フィボナッチスペーサー
タイヤ: Continental Race King 2.2 Protection
グリップ: Ergon GS2
グローブ: Ergon HX2
ペダル: Crank Brothers Eggbeater 11

補給食:GU(ドリンク)パワーバージェル&VESPAプロSayako’s Kitchen
リカバリー:C3fit コンプレッションソックス
テーピング:ニューハレ

パーソナルスポンサー:

自転車コーキ屋
Peaks Coaching Group Japan
スポーツクラブ ルネサンス
パワーバー
C3フィット:コンプレッション
VESPA
NEW HALE:テーピング
HALO HEADBAND:ヘッドバンド
オルタナティブバイシクルズ
Fujimoto Farm 弥之助蓮根
なでしこ健康生活・生きている玄米
ヒロコンフーズ

チームスポンサー:
Ergon
Topeak
Canyon
SRAM XX1
ContinentalTires
Primal Wear
Finish Line

Defeet
Crank Brothers
Chamois Butt’r
Stan’s No Tubes

 

シーズンイン直前!体質改善をさらに実感。「食」

ブログ更新久々で恐縮です・・・。FBInstagramなどではアクティブにUPはしていますが、ブログでしか発信できない思いもあるので以前の様に毎日とは言いませんがシーズンも始まるので更新頻度UPしていきます☆

さて、今週の日曜日に伊豆の修善寺で行われるCSCクラシックに参戦します。今シーズン初レースです!ほぼ一年ぶりのクロスカントリーレースです。メインで出ているレースに比べるとかなり短いですが冬のトレーニングの成果を確認する大事なレースと思っています。午後の2時間半耐久にはシングルスピードでの参加を予定しています。こちらもガチで走ります!

コンディションはコーチや周りのサポートもあり、かなり順調に上がっています。

トレーニングの進行具合はまた詳しくポストしますが、まずは体質の改善について。

昨年までかなり苦しめられていた花粉症が出ていません。

さらに!吸引薬を止めているにも拘らず、運動誘発性喘息の症状もほぼ出ていません。

ここ3か月ほど薬を完全に止めて(医者と相談の上)、食生活で改善を試みていますがとても良い方向へ向かっています。

そして、昨年春から一度も風邪を引いていません。一昨年までは年に何回も引いていました。今年の冬も寒い環境下でかなり厳しいトレーニングをこなし、疲労がある中で都会へ出る機会も多かったですが体調は非常に安定していました。予防ももちろんしていますが、体質の改善が一番でしょう。

この改善の理由には様々な要素があると思いますが、

「食」と「ストレスフリー」

が僕にとっては大きな要素だと考えます。

昨年5月から本格的に食生活を変え始めてから沢山のことを学び、身体の変化を楽しんでいます。

グルテンフリー、ヴィーガン、ヴェジタリアン、マクロビ、オーガニック、低糖質、など様々な食スタイルを体験、勉強しています。

どの食生活も正しく行えば素晴らしいものだと思いますが、個人に合う合わないは必ずあります。体質的にも精神的にも。

一通り経験して私達夫婦が「今のところ」行きついているのは一つのメソッドに留まらず、自分の身体の反応が良かったものを選択し、バランスよく取り入れていくことです。

それには身体の声が聞けるようになり、選択できる能力・知識が必要でした。その意味で様々な食生活を経験していることは大きな学びです。まだまだ未熟ですが~

今の食生活はオーガニックの植物性の食がベースにありますが、肉・魚・卵も取り入れています。グルテンもとっています。ただ、バランスだけは意識しています。

良く「ストイックですね~」「自分には無理だな~」とか言われることがあるのですが、

全くストレスを感じずに、むしろすっごく今の食スタイルを楽しんでいます!

一昨年までは、しょっちゅう焼肉、ラーメン、お菓子を食べていました。以前ほどは欲しないですが、今でも好きでたま~に食べますがこれもバランスですね。知識と経験で嗜好も考え方も変わったのは事実です。

現代は様々な情報・物が溢れています。何がダメで何が良いかわからないものばかり。例えば、エゴマ油が良いとなれば次の日にはスーパーでは在庫待ち。これもまたバランス。エゴマ油は良いと思いますが「そこだけ?」と感じてしまいます。でも、そこから全体的な視野を見るきっかけになれば良いな~と思います。

僕自身もわからないことがた~くさんあります。しかし、それを学んでいくことはすごく楽しいし、現代を生き抜いていく中でとても大切なことだと思います。

口から入るもので私達の細胞一個一個が作られています。心身の健康状態、レースのパフォーマンスにも直結します。

私は現在35歳。パフォーマンスはまだまだ向上しています。まだまだ挑戦し続けていきます!

心身共に

「健康的に強くなる」

が私達夫婦のモットーです。

目指すは

「生涯現役」

です。

参考までに↓は最近のうちの食卓の写真です。

11001916_10153131075166151_7023871231774304840_n

10426199_10153129944116151_2657558526804151272_n10676334_10153161834161151_7963687140320179637_n 1455955_10153133140751151_7710856474358449990_n 1545940_10153180743811151_6224930509301161829_n11041731_10153146498696151_3262999339396331748_n

10366205_10153096811371151_5859448460824246593_n今シーズンも更なる高みを目指して突っ走ります!

10455450_10152494411661151_7188409687039617040_n

事後報告ですみませんが新聞掲載のお知らせ。

3月4日、読売新聞朝刊(多摩版)に掲載されました。

池田祐樹 読賣新聞20150304掲載

「南米700キロ初代王者目指す」とでかでかと優勝宣言しちゃってます。するしかないですねこれは!

青梅スポーツに掲載されたものも2月28日の読売新聞(多摩版)に織り込みで入っていました。

10649953_10153109115226151_5042061759173818064_n

 

新聞という媒体がこうして紹介してくれて私の活動を後押ししてくれることは本当にありがたいことです。心から感謝です!

自分が惚れ込んで移り住んだこの東京の西エリアと共に世界を舞台に活動していきます!

これからも宜しくお願いします!

東京都自然公園MTB利用自主ルール冊子配布&ライドミーティング!

前回のブログで告知した「東京都自然公園MTB利用自主ルール冊子配布&ライドミーティング」が本日盛大に行われました!

東京都自然公園MTB利用自主ルール冊子がついに完成しました!

10994443_800308196710656_2887242446092316932_n

私は9時から11時までの参加でしたが、たくさんの方がどんどん集まってくれました!たくさんのMTB愛好家、自転車屋さん(冊子はお客さん用に持ち帰ってくれています!)、業界の方、メディアの方まで!

写真でのダイジェストです。

DSC00878 (800x533)

協議会委員のメンバーとMTBの熱い魂を私達にくれたNAGAIさん。

DSC00886 (800x533)

今回は夫婦で参加しました。自分たちに関わる事なのでとても大切です。

IMG_8672 (800x600)

素晴らしい出会いもたくさんありました。

IMG_8645 (800x800)

私はレーサーという活動をしていますが、周りの素晴らしい環境があって始めて今の自分がいます。自然、その環境を支えてくれている、整備してくれている人たちがいることを決して忘れてはいけません。

いちマウンテンバイカーとして感謝の念を持って出来ることから還元していきたいと思います。

IMG_8666 (800x599)

今回の自主ルール冊子は確かな一歩前進ですが、まだまだ歩き始めたばかりです。

書いてあることは「当たり前じゃん!」と思われることが多いかもしれませんが、その当たり前を改めて認識することは非常に大事なことです。

自主ルール冊子がより多くの人の目に触れ、自分にかかわることとして「気付き」となれば幸いです。
DSC00877 (800x534)

最後になりましたが大前提は堅苦しくやることではなく、思いっきり「楽しむ」ことです!

自然・人・地域とマウンテンバイクが笑顔で共存できる未来にしていきましょう!!!

東京都マウンテンバイク利用推進連絡協議会(仮称)ホームページ:

http://tokyomountainbikeride.jimdo.com/

東京都マウンテンバイク利用推進連絡協議会(仮称)フェイスブックページ

3月4日開催します!自主ルールブック配布&ライドミーティング

「東京都自然公園MTB利用自主ルール冊子」がついに完成します。

自主ルール冊子完成にあたり、3月4日(水)朝9時~自転車店、自転車業界の方、メディア、そしてもちろん一般の方へ向けてルール冊子配布イベントを開催します。週末にも配布イベントを企画中です。

4日、私は9時から11時まで滞在予定です。たくさんの方たちと交流、情報交換などできたらと思います!よろしくお願いいたします!

以下が詳細です(東京都マウンテンバイク利用推進連絡協議会(仮称)ウェブサイトから)

前置きに、2015年4月に出される東京都自然公園利用ルール。
そのルールが決まる最後のルール検討委員会が3月中旬にあります。
その検討委員会が開催される前に800名の登録があった「都自然公園MTB利用ルール問題を話し合う場」で多くのマウンテンバイカーが議論する事でできあがった自主ルール。

その「話し合う場」から引き継いで「東京都マウンテンバイク利用推進連絡協議会」メンバーと都環境局職員の方との意見交換、すり合わせをしてできあがる「東京都自然公園MTB利用自主ルール冊子」を、これから多くのショップに置かせていただきます。

第一弾はMTB業界向け「ルールブック配布&ライドミーティング」3/4開催決定

2月4日にMTB業界&レーサーのみなさまと行った『都自然公園利用ルールの諸問題について意見交換しつつのタイムアタックイベント』に続いて、みなさまと交流ライドもしたいと思っております!
場所は西多摩マウンテンバイク友の会の活動場所で、あきる野菅生の森づくり協議会の緑の再生プロジェクトのボランティアMTB体験コースとパンプトラックがあるところで、みなさんと遊びながら色々な話しができたらいいな~と思っています。
今回の都自然公園利用ルールに加えて友の会活動についての話や質問にもお答えします。
(一般の方向けの配布イベントも予定しております)

<日時>
2015年3月4日 9時頃からゆるく開始します。
夕方近くまで開催しておりますので、各自、都合のよい時間帯にお越しください。

<場所>

あきる野市菅生大沢マウンテンバイク体験コース
(詳細の場所はナカザワジムまでお問い合わせください。042-570-1757)
車は活動場所に駐車可能です。

<申し込み>
Facebookのアカウントをお持ちの方は、こちらから「参加する」をクリックしてお申込みください。

https://www.facebook.com/events/869508573112402/?ref_dashboard_filter=upcoming
上記リンク先が参照できない、アカウントをお持ちでない方は直接ナカザワジムまでご連絡ください。(ナカザワジム042-570-1757)

<その他>
・お子様も楽しめるパンプトラックがあります。ご家族でお越しください。
・ショップ様には、店内配布用の相当分のルールブックをお持ち帰りください。