本格トレーニングスタートしております。

2017シーズンに向け、本格始動しました。

例年通り、目標に向かい、

「努力」

あるのみです。

 

今は、とにかく基礎身体能力向上にフォーカスしています。

例えば、、、

心肺機能の向上。エンデュランス(持久系)スポーツには欠かせない分野です。自転車やランだけでなく、パワーブリーズを使用して心肺、呼吸筋、インナーマッスルを鍛えています。

img_1415

基礎筋力の向上。この目的は様々です。怪我防止、シーズンを戦い抜くための筋力作り、自転車上でのパワー・瞬発力・バランスアップなど。さらに、年齢を重ねると(特に30過ぎてから)筋量が減少する傾向にあるので筋力トレーニングは必須とも言えます。

自転車のトレーニング後には必ずアブローラー、コアトレ、逆立ちを行っています。

そして、週2回のジムでのストレングス、プライオメトリックストレーニング。ダンベルなどウェイトトレーニングも行っています。そのうち動画を撮ってメニューを公開したいと思います。

img_1439

ランニングも身体のバランスを整えるために、ウェイトトレーニング前に4キロ前後取り入れています。

 

「栄養」も「休養」も、フィジカルを鍛えるトレーニングと同等に大切です。

酷使した身体の回復には、質が高い栄養が必要。

そして、休養時に身体が回復し、作られるので休養の質もすごく大切。

img_1390

より良い素材、食事で身体を作りたい。

今、口にしているものが私の血となり肉となり、身体と心を形成するのです。

そして、食べることがすごく大好きな私にとって、

食事の時間は「ご褒美」。

美味しく、楽しみたい。

一生は有限。

食べられる回数も限られています。

一食、一食、おろそかにしたくないですよね。

運動中の補給食もケースバイケースですが、できるだけ素材にこだわって美味しいもので。

好きなオーガニックな素材達を集めてトレイルミックスを作るのが最近の楽しみ。昨日は、乾燥タマリンドとデーツを混ぜてみました。

img_1435

 

さて、メインの自転車トレーニングでは、今はベース作りですね。低強度から高強度まで全てのゾーンを行うのですが、この時期の比重は持久力アップがメインです。必然的に練習時間も長くなります。冬なので寒いし、まだ暗いうちからスタートすることも多々あります。

img_1445

 

地道に、確実に、着実に、積み上げていきます。

シーズンスタートへ向けて丹念に研いでいきます。

 

努力したからと言って、結果に繋がらないことも多々あります。

しかし、

高い目標を持っている限り、

努力のない成功は絶対にない、

と思っています。

 

だから、やります。

 

スタートラインに立った時に、

やるべきことは全て準備したと、

大きな自信を持てるように。

 

2017新年明けましておめでとうございます!新年のご挨拶。

新年明けましておめでとうございます!

img_1372

昨年も大変お世話になりました。全ての方、ご縁、経験に感謝です。ありがとうございました。

2017年、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて!

私、池田祐樹は

今年も!

TOPEAK ERGON RACING TEAM USA

トピーク・エルゴン・レーシングチーム USA

世界チャンピオン、ナショナルチャンピオン、レジェンドを要するワールドチームの一員、唯一人のアジア人として恥ない走りをし、誇りを持って活動を引き続き行っていきます!

_dsc2677

 

今年も引き続き、

自分を「超える」戦い。

 

超戦!

 

をモットーにベストを尽くしてまいります。

 

そして、2017年のNEWスローガンは、、、ずばり、、、

 

伸び盛り38(サーティエイト)!

 

どっかのグループ名!?みたいでふざけているようですが、大真面目です。

今年で(10月)で38歳になります。

しかし、まだまだ伸びしろを感じているのです!

私にはたくさんの弱点・反省点・改善点があります。

これらは成長のための最高の素材なのです。

決して簡単ではないですが、

これらを変えていけばまだまだ伸びていけるのです!

それだけまだ自分の中に可能性を感じています。自信もあります。

とてもワクワクしています!

ということで、2017年はすくすく育って、もりもり伸びて参ります!

 

そして、もう一つ告知です⭐︎

アスリートフード研究家である妻・池田清子がアスリートフードの会社「ビオトープ株式会社」に加え、

なんと!

新たにモデル事務所を立ち上げることになりました。ちなみに彼女の前職はモデル事務所のマネージャーです。

以下、池田清子から・・・

本日よりモデルエージェンシー、株式会社ナノン・マネジメントの代表を務めます。

アスリートフード研究家ビオトープ株式会社の代表であり、モデル事務所の代表、そしてアスリート池田祐樹の妻であること。二足、三足のわらじ(時にはヒールに履き替えて)は、私の大好きなこと全てです。全力投球で参ります。どれも【健康】【美】【ワクワク】が掛け合わさって、人生を形成する大事なものが詰まっています。これまでにない、新しい発信をしていきます。大切なモデル、そしてスタッフの人生が輝き続けますように。モデル、スタッフ 土谷 紀子 、チカラを合わせて、日々楽しく頑張ります。みなさまどうぞよろしくお願いします。

Nanon management Inc.
✴︎
はじめまして、モデルエージェンシーのナノン・マネジメントです。5名のモデルが所属します。
✴︎
女性ならではの強さと美しさ、個性がいつまでもキラキラと輝く場所でありますように、と小惑星の名前から名をつけました。どうぞよろしくお願いします。
✴︎
(写真向かって左から)
#東麻美 #マリエスタ #石井たまよ #浜島直子 #中原歩
15826692_1165541276893302_7518348002690751277_n

2017年元旦
株式会社 ナノン・マネジメント
代表 池田清子

株式会社ナノン・メネジメントinstagramアカウント開設

 

2017年、夫婦で「超戦」「伸び盛り38」!

どうぞ宜しくお願い致します!

今年の池田祐樹ベスト5MTBレース!!

年末ということで、

今年のレースを振り返り、特に印象深かったトップ5レースをランキンングしました!

今回の基準は優勝だけではなく、楽しさと自分が学んだことが多かったレースを中心に選考しました。

出場したレース全て、一つ一つにドラマがあったので選ぶのは非常に難しかったです。。。

まずは!

5位!

ジョーバーグ2シー9日間ステージレース、南アフリカ

レースレポートはここから

親友であり、元チームメートであり、24時間ソロ世界チャンピオンでもあるソーニャ・ルーニー選手(USA)とデュオで参戦しました。

13012625_10154153225921151_1950935842025577607_n

南アフリカは2回目でしたが、今回はレースを通じて新たな経験がたくさんできました!
13043504_957356424378456_7107225867587084911_n

南アフリカの大地を舞台にするダイナミックなコース!

IMG_6939

初めて経験するユニークなコース!IMG_8064

結果はプロ男女ミックスカテゴリー4位。最後まで3位争いをしましたが一歩及ばず。。。13062325_904868372952643_7922360495188644283_n

この水上シングルトラックがスリリングで楽しいのです!

IMG_7540

動くし、滑るし、遅いと沈みます(笑。IMG_7542

レース以外でも、英語での講演会も行いました。初めての経験で勉強になりました。

img_6195

アフリカの大自然最高でした!img_6727

 

第4位!

テルユライド100、アメリカコロラド州

渾身の(笑、レースレポートはここから。

3連覇を懸けた戦いだったのですが、USAチームメートのブライアンからパンクで離れたタイム差を縮められず僅差で負け、準優勝。彼とは昨年も最後の最後まで競い合った最強のライバルにして最高の友。

img_8673

テルユライドはロッキー山脈に囲まれた最高に美しい場所。しかし、その160キロのコースは過酷を極める。img_8453

レース時間は7時間48分16秒。この間は休む暇は一切なく、全神経を集中し、全てを出しました。

13775440_1015626648551433_5689321449461781419_n

自分のポテンシャルを最大限引き出してくれたテルユライドとブライアンには心から感謝でした。ありがとう。

 

第3位!

秋のSDA in 王滝120キロ。

準優勝レースレポートはここから。

負けました。

14368923_1062459233868174_7077155989040583873_n

国内最大の長距離レース。昨年の秋、今年の春と連覇をしていたところ、国内の長距離レースでまさか負けるとは。というのが本音でした。

14390848_1062460727201358_909857849449447939_n

優勝した宮津選手は強く、悪天候の中でもスマートにレースを運びをしました。

14433224_1062460847201346_1652822760666385910_n

今回の負けは、死ぬほど悔しかったですが、すごく刺激的でした。正直言うと王滝へのモチベーションが少し下がっていたのも事実。しかし、今回の2位という結果で再び心が燃え上がっています。今まで以上にモチベーションが高くなっています。

14358743_10154589162456151_442551835839877244_n

今回の王滝の結果は成長のチャンスだと思います。

次回は「チャレンジャー」として、必ずもっともっと強くなって帰ってきます。そして、再び頂上へ!

14344960_1062445217202909_2271827585340727917_n

 

 

第2位!

ヤックアタック10日間ステージレース、ネパール

レースレポート前半レースレポート後半

優勝するために気合を120%注ぎ込んで臨んだレース。しかし、総合結果は5位で惨敗。しかし、今回のランキングは2位。

詳しくはレースレポートを読んでくれればわかりますが、体調を崩したり、ロストしたり、とにかく辛く展開でした。しかし、その中で見た自分への可能性は忘れられません。

_dsc1336

最高標高は5416m。極限の環境で全力で戦う。

_dsc0841

世界で最も過酷、最も美しいMTBレース。

_dsc1488

一生忘れられない絶景と体験が待っている。

_dsc1506

きつすぎる。もうレースを続けられない。何度もそう思う。しかし、そこから本当の勝負が始まる。

_dsc1746

諦めない。月並みの言葉だけれど、今回のヤックアタックほど「諦めたくない」と強く思ったことはないだろう。

_dsc1984

9日目。体調も最悪、もう何も残っていないはずの身体から出てきた最高のパワー。

_dsc2139

自分に対してすごい!っと思えた日。

まだまだやれる。まだまだ成長できる。そう感じさせてくれたヤックアタック。_dsc2189

結果以上に得たものが多かった。_dsc2283

だからレースはやめられない。_dsc2680

 

2016年の印象に残ったレース、第1位!!!

ランブル・イン・ザ・ジャングル4日間ステージレース、スリランカ

優勝レースレポートはここから

やっぱり優勝はレーサーにとって最高に幸せな瞬間。レーサーはこの時のために全てを懸けている生き物です。

13432221_10154302873546151_9132594041246587167_n-2

しかし、決して楽な展開ではありませんでした。13413733_10154301700786151_5936156534227053693_n-2

実際、ステージ優勝は初日だけ。あとの3日間はかなりの苦戦を強いられました。

2A6A8120

だからこそ得た勝利の喜びは大きい。価値が大きい。

2A6A0254

最高のライバル達が自分を高めてくれる。13501874_997600480309187_3425673503863670034_n

以上、私の今年のレース、トップ5でした!

来年は一体どんなワクワクするレースが待っているだろうか!

レースを最大限楽しむためにも、日々精進、努力、継続、感謝!

引き続きよろしくお願いします⭐︎

2A6A2091

復活!!!

みなさんXmasいかがお過ごししましたか?

私は、相変わらずMTBを満喫していました!

img_1224

ようやく楽しくMTBを再開できるようになりました。先月からここまで回復するまで楽な道のりではありませんでした。

実は、シーズン最後のレース「ヤックアタック(前編後編)」10日間レース終えた後、心身の調子を悪くしてしまい、しばらく引きこもりの生活をしていました。

ヤックアタックレース中盤で風邪を引き、標高4000m越える極限の状況下で限界以上に追い込んだツケ、長かった今シーズンの疲れ、全てが降りかかってきました。

血液検査の結果などは問題無いのに具合が悪く、慢性疲労、寝付けなく、何事にも集中できず、いわゆる鬱に近い状態。アスリートには少なく無いオーバートレーニングや燃え尽き症候群です。

シーズンが終わったらやりたいことがたくさんあったのにそれすらもやる気が起き無い。読みたかった本を手に取るも活字が追えないほどの精神状態。。。

せっかくのオフシーズンなのに、何もできないもどかしさで更に精神的に落ち込むという負の連鎖に陥っていました。

しかし、その状況を打破してくれたのは家族、仲間、MTBでした。

まず、自転車コーキ屋さんの仲間が「コーヒーライド」へ連れ出してくれました。夫婦で参加してきました。内容は家から15分くらいゆっくりライドして、里山の上でコーヒーを淹れて飲む、というもの。

外へ出るのもおっくうでしたが、行ってみるとめちゃくちゃ楽しいじゃないですか!

コーヒーと皆の暖かさが身にしみました。

img_0732

このライドをきっかけに、徐々に身体と心が前向きになってきました。

感謝感謝です。

img_1007

仲間と楽しく乗って、自然を感じて、気持ち良い汗かいて、語り合って、笑って、美味しいもの食べて、これが私のマウンテンバイクの原点。

img_1107

競技とは全く別の楽しみ方ができるのもマウンテンバイク。

img_0919

年齢、性別、レベルの隔たりなく共有できる遊びです。

img_0738

命を削るほどの追い込みをしたのもMTB、その状況から救ってくれたのもMTB。そして仲間。

img_0857

おもしろいものです。だからやめられないのですね。きっと。

img_1170

徐々に来シーズンへ向けてのプランニングとトレーニングが始まりますが、今はトレーニングよりも仲間と楽しくMTBを乗っています。

img_1160

やっぱり大好きです。MTB。

img_1151

ありがとう。MTB。そして、みんな。

大切にしていこう。

また、強くなれそうです~~^^^^^(^^)

ヤックアタックレースレポート2016後半

大会名:ヤックアタック2016
大会ウェブサイト:http://theyakattack.com/yakattack/
開催地:ネパール・アンナプルナサーキット/ムスタング
開催日時:2016年11月3~16日
結果:9ステージ総合5位
ステージ1(33km、獲得標高1190m、最高標高1616m):7位
ステージ2(71km、獲得標高2900m、最高標高2700m):5位
ステージ3(30km、獲得標高1250m、最高標高3540m):5位
ステージ4(16km、獲得標高1238m、最高標高4450m):6位
ステージ5(11km、獲得標高1036m、最高標高5416m):6位
ステージ6(46km、獲得標高2050m、最高標高4080m):3位
ステージ7(38km、獲得標高1400m、最高標高4010m):6位
ステージ8(54km、獲得標高2150m、最高標高4288m):4位
ステージ9(32km、獲得標高1250m、最高標高3751m):8位
タイム(9ステージ合計):24時間55分55秒

レースレポート前半(ステージ1〜5)

ステージ6(46km、獲得標高2050m、最高標高4080m) :

このステージから、許可を取らない限り入山できないネパールの聖地「ムスタング」エリアへと入る。例年と全く違うコースとなるので未知の世界だ。

考えないように、受け入れないようにしていたが、ステージ4の夜から崩した風邪らしき症状が本格化してきた。ただでさえ不調なのに体調まで崩してしまう失態。自分が情けなく、自身に対して堪らない怒りを覚える。

スタート前の体調は最悪。飲み込む唾でも喉は痛み、乾いた冷たい空気も滲みる。体はだるく、関節も痛む。少しでも、1秒でも喉と鼻を守るためにスタートギリギリまでマスクを着用した。レースをできるか迷うほどに具合は悪かった。

しかし、ここまで来て諦めてたまるかという意地とエゴ。加えて自分への怒り。スタートラインへと並ぶことを決意した。

スタートから乗車できない登り箇所が点在する。担いでは乗ってを繰り返し、4080mの峠を目指す。やはり身体の反応は鈍く、10位くらいの位置で序盤を進む。

st6matt4

©Matt Rousu

しかし、身体が温まり始めると鼻が通り始め、足も回り始めた。決して速いわけではないが、淡々と一人ずつ抜いていきながら順位を上げる。

長いダウンヒルセクションで一気にトップ5まで上げる。寒く、乾いた荒涼とした山岳コースをただひたすら無心で漕ぎ続けた。

st6matt2

©Matt Rousu

後半に差し掛かり、4位に浮上し、3位の選手を視界に捉える。容赦なく続く砂の深い20%の斜度はあるだろう登り。

具合も悪くなり、順位も振るわない。そのどん底の状況が逆にプレッシャーを取り払い、吹っ切れたように集中力を高くしてくれた。

3位のローンに並ぶ。向こうもステージ入賞を逃したくない。簡単には抜かさせてくれない。一進一退の攻防が続く。追いつくだけでも限界だったが、今はそこからさらにギヤを一段をかけての勝負。

抜きつ抜かれつの想像を絶するきつい状況が1時間くらい続く。一瞬でも足を緩めたら負けだ。絶対に引けない戦い。

テクニカルなロックセクションでわずかにローンが躓き遅れた。たった2〜3秒だろう。しかし、この数秒が大きい。震える足で無理やりダンシングでアタックをかける。精神的なダメージを与えるためにもできるだけ元気なフリをして演技をする。これっぽちも余裕はないが勝負をかける。

ここで初めてギャップが生まれ、さらにタイミング良く長めのダウンヒルに入り、さらにその差を広げる。

必死に逃げた。そして、まだ姿は見えないが前のトップ2人にも追いついてやる勢いで無我夢中でペダルを回した。

st6matt

©Matt Rousu

前の2人には追いつけなかったが、3位で今大会初のステージ入賞を果たした。大会中最悪の体調の日に。自分自身の可能性に驚き、嬉しくもなった。

レースは本当に何が起こるかわからない。しかし、それは今回のように諦めないで戦い続けていればの話だ。

最後まで戦ってみせると改めて心の中で誓った。

ステージ7(38km、獲得標高1400m、最高標高4010m):

連日限界を超えて追い込み、キャンプ地も標高3500m以上の過酷な環境下で体調も回復するわけはない。翌日のスタートは容赦なくやってくる。

st7matt3

©Matt Rousu

今日のミッションも変わらない。「今のベストを尽くす」。余計な雑念は頭から排除し、前へ進むことのみに集中し、全力を尽くす。

st7matt2

©Matt Rousu

人が生活できる環境か疑うほどの荒涼とした世界が広がる。まるで違う惑星に来たかのような錯覚にさえ陥る。

st7matt

©Matt Rousu

ネパールの最強コンビ、アジェイとローンと今日も競い合う。4−5−6位のパックだ。コースは3つの大きな峠があるわかりやすい設定。

st8matt2

©Matt Rousu

3人でバトルをしながら良いペースを刻んでいくが、2つ目の峠頂上付近で悔しくも遅れ始めてしまう。私が弱いというのもあるが、やはり彼らは強い。3つ目の登りでも視界に2人はいるが追いつくことができない。

st8matt

©Matt Rousu

わずかな差だがトップ5に入り込めず、6位でフィニッシュ。7ステージ終えた総合は5位。

この時点で総合4位のアジェイとわずが8秒差。七日間レースを終えて8秒差とは、ものすごい良い勝負をしている。明日のステージは険しく長い。勝負の明暗を分けるステージになることは間違いない。

心から勝ちたい。

ステージ8(54km、獲得標高2150m、最高標高4288m):

具合が悪いことや、ネガティブな思考は一切捨て去った。今日はワンデーレースのつもりで臨む。

狙うはステージ優勝。ライバルのアジェイだけでなく、トップ3のコーリー、ティナス、ピーターにも勝つ。やってみせる。

st9matt

©Matt Rousu

スタートからアジェイが先頭を強烈なペースで引く。そこにコーリー、ティナス、少し離れて私、ナラヤン、ピーターが続く。アジェイからの気合いがバシバシ伝わって来る。

4000m付近なのでとても苦しい。しかし、今日の自分は負けていない。まずは遅れた始めたアジェイをパス。テクニカルなロックセクションで今大会不動のトップ2に追いつく。アジェイ、ピーター含む後続はかなり離している。

コーリー、ティナス、私の3人の先頭パックで進む。さすがにこの2人のペースは速い。ただ一緒に乗っているだけでは置いていかれてしまう。

登りの能力は現時点で2人には負ける。しかし、テクニカルセクション、下りでの技術では決して負けていない。むしろ勝っていると感じる。得意な場面では積極的に前へ出て、登り途中までは先行して、抜かされるにしても離される距離を最小限に抑える戦略を取った。

st9matt5

©Matt Rousu

ムスタングの最高地点4288mの峠に差し掛かる手前で徐々に2人からジリジリと離されてしまう。

しかし、まだ焦ってはいない。これからテクニカルな長いダウンヒルがいくつかあると聞いている。長所を最大限に生かせば必ず追いついてステージ優勝の可能性はまだまだある。

st9matt4

©Matt Rousu

1−2分遅れて登頂し、下りへと入る。ここからしばらく二日前のステージと重なり、以前とは進行方向が逆となる。

この下りで前の2人に合流したいところだが、コースに困惑してしまう。昔のコースサインが残っていて赤い矢印が2方向を向いているのでそのたびにスピードを緩め、確認しなければならない。しかも、下りでスピードもあるので見逃す不安も抱える。

st9matt3

©Matt Rousu

疑心暗鬼のままにコースサインに習って下っていたら、気付くと見覚えのある二日前のフィニッシュ地点の村まで下りてきてしまっていた。そのまま行くと一昨日のステージを繰り返すことになってしまう。これは違うのではないか。。。

フィニッシュ後に聞いた話だが、同じ様にコースロストをした選手は多数いた。

とりあえずどこでコースミスをしたかもわからないので、下りてきた道を登り返す。精神的なショックからか足が回せず、バイクを押して歩いて登り返した。ようやく見晴らしが良い地点まで戻ってきて辺りを見渡す。

すると、自分の後ろにいたはずのアジェイ、ピーター、ティトの3人の登る姿が反対の山の中腹、遥か彼方に見えた。トップ2人の姿は視界にすら見えない。

ステージ優勝の夢が崩れ去る。絶望感。今から再スタートしてもあの3人にすら追いつけるかどうか。

st9matt2

©Matt Rousu

悩んでいる暇はない。とりあえず追走を開始しなければ。不幸中の幸いなのか、今ステージは比較的長い。その分だけ再び追いつけるチャンスがあるということだ。ポジティブな面だけを考えて再びペダルに力を込めた。

足はまだ生きている。スピードが伸びる感覚もある。まだ絶対に追いつける。

5位のティトには思ったよりも早く追いつき、抜かすことができた。この時点で3−4分先にピーター、さらに1−2分前にアジェイの姿を捉えていた。ロストしたせいで残りの正確な距離が計算できない。フィニッシュまでに追いつきたい。間に合うか。

今日だけで限界の壁を何回越えただろうか。

所詮、限界なんて言葉であり、自分が作っていた妄想にすぎないのかもしれない。

現に、疲労が最高潮にあるはずのステージ8のこの場面で今大会中自己最高のパフォーマンスを発揮している。

st9matt1

©Matt Rousu

張り裂けそうな心肺、何度も攣っている足、まだまだ動く。前へと確実に近づいていく。

最後の登りの頂上と思われる手前でピーターを抜き去る。

30分前には遥か彼方に見えていたアジェイの姿もグンと大きく視界に入ってきている。

深い轍と深い砂の急斜面ダウンヒルが始まる。巻き上がる砂埃で視界はゼロになる場面もあった。ラインが見えない中でほぼノーブレーキで飛ばす。リスクはかなりあるが、今はそのリスクを取る時だと判断。

危険、リスク、楽しさ、喜び、全てを引っくるめて、命をかけるほどの存在が私にとってのMTB。だから熱くなれるし、やめられない。

ワンコーナー差までその姿が近づいてくる。届きそうだ。

しかし、コーナーを曲がり、登り返したところでアジェイがフィニッシュしている姿が視界に飛び込んできた。先にフィニッシュしていたコーリーとティナスの姿も。

追いつけなかった。ステージ優勝もできなかった。

この日のアジェイとは33秒差。トップからは9分58秒差。

私がロスト時間は10分29秒(STRAVA調べ)。単純にロスト時間を引くと、ステージ優勝も夢ではなかったタイム。

レースに「たられば」はないが、今日のこの日、私は勝てる足と気持ちは持ち合わせていた。それがコースロストという理由で結果に繋がらなかった。

大会のコースマークミスという行き場のない怒りと、勝てなかった自分に対する死ぬほど悔しい想いはあるが、十分に戦えるポテンシャルがまだ自分の中に秘められていたことは驚きと同時に純粋に嬉しかった。

あと1日。今日の悔しさを明日にぶつけてみせる。

ステージ9(32km、獲得標高1250m、最高標高3751m):

最終ステージ。4位のアジェイとの差は38秒。今日も昨日に引き続き、狙うは悲願のステージ優勝。

短いステージだけにスタートから激しい攻防が始まる。序盤の平坦セクションではアジェイと共に先頭に出て、積極的に勝ちを意識した走りを見せた。

st10mattrousu

©Matt Rousu

距離が短いとはいえ、アップダウンが激しく、ハードコースには変わりない。加えてキツイ向かい風が容赦なく吹き付ける。

最初の長めの登りに入り、ペースアップを図るが自分の身体とは思えないような重さを感じた。一気に先頭集団から取り残されてしまった。後続にも追いつかれ、必死に着いていこうとするが徐々にちぎられていく。

st10matt1

©Matt Rousu

下りで前に近づくも登りに入るとスピードが出ない。前日のコースロストからの追い上げで足を使い果たしてしまったのか、足がフニャフニャで力むことも難しく、息だけが上がる。

それでも、最後まで諦めずに全力でやり抜く泥臭いスタイルが私。

st10matt

©Matt Rousu

最終日は7位と全く振るわない結果となってしまった。9ステージ総合は5位。

レースを終えて・・・

優勝をするためにネパールへ再び戻り、参戦したヤックアタック2016は終了した。

悔しさと反省だけが残るレースだったのだろうか。もちろんその部分は大きいがそれだけではなかった。

沢山の試練と感動、サバイバルな生活環境、涙が出るほどの絶景、自分の弱さとの葛藤、自分に秘めた新たな可能性、MTBの素晴らしさ、ライバルや仲間の大切さ、ネパールの文化、暖かさ、感謝、、、

この10日間の大会期間中に経験した幾多の「気付き」は私をレーサーとしてだけでなく、人として大きく成長させてくれたと思う。

優勝こそできなかったが、今シーズン最後のレースとして「ヤックアタック」へ参戦して良かったと心から思える。

今大会も、今シーズンも沢山の熱い応援・サポート誠にありがとうございました!

高地順応/低酸素トレーニング特別協力:
HYPOXICO 低酸素システム
ニュートラルワークス[NEUTRALWORKS. BY GOLDWIN](低酸素ルーム/リブートストレッチ)

登山・アウトドア装備協力:
THE NORTH FACE

レース中機材・装備:
バイク: Canyon LUX CF 29 チームエディション
フォーク・リアショック:Rock Shox RS-1Monarch XX
ブレーキ:SRAM Guide RSC
ドライブトレイン:SRAM XX1, フロント32T(ステージ2から30T)
タイヤ: Continental X King 2.2Protection: 前後18〜20PSI
シーラント:Stan’s NoTube Race Sealant
グリップ: Ergon GS1
グローブ: Ergon HX2
サドル:ERGON SMR3 S Pro Carbon
ペダル: Crank Brothers Eggbeater 11
ヘルメット: Limar
工具・サドルバッグ・ボトルケージ: Topeak
チェーンオイル:Finishline
補給食:GUパワーバージェル&VESPAプロSayako’s Kitchen
ソックス:C3fit 
テーピング:ニューハレ
ケーブル/ワイヤー:JAGWIRE
ヘッドバンド:Halo II (ヘイロ II) プルオーバー
チームジャージ:Primal Wear

パーソナルスポンサー:
NEW HALE:テーピング
自転車コーキ屋
Peaks Coaching Group Japan
VESPA
パワーバー
THE NORTH FACE
C3フィット
なでしこ健康生活・生きている玄米
ヒロコンフーズ
VITAMIX
HALO HEADBAND:ヘッドバンド
オルタナティブバイシクルズ
民宿 藤屋(王滝村)
百草丸 日野製薬(株)
スポーツクラブ ルネサンス

チームスポンサー:
Ergon
Topeak
Canyon
SRAM XX1
ContinentalTires
Primal Wear
Finish Line
Crank Brothers
Chamois Butt’r
Stan’s No Tubes