UCI MTBマラソン世界選手権レポート

レース: UCI MTBマラソン世界選手権           開催日時:2015年6月27日
結果:82位
距離:87キロ
獲得標高:4700メートル
場所:イタリア ドロミテ
大会ウェブサイト:http://www.sellarondahero.com/en/race/sellaronda-hero-marathon

前半シーズンの山場となる今大会。1か月前に肺炎を患ったのは予定外だったが、回復後はそれを言い訳にせず、ピークを持ってこられるように生活すべてを懸けて世界選手権のために過ごした。日の丸を背負って戦うという意味は私にとって非常に大きい。

コースは87キロで獲得標高4700メートル登るモンスターコース。現地入りしてからは標高順応、試走を重ねてギヤ選択、装備、補給プランを入念に行った。

スタートのコールアップは150人中120番目。不利なスタート位置ではあるが、気持ちは落ち着いて程よい緊張と興奮感がある良い精神状態で並ぶことができた。

DSCN7128

 

©Hiroshi Kiyama

スタートからいきなりのハイペース。さすが世界各国の代表選手が集まっているだけのことがある。

後ろを見ると数人しかいない。一瞬焦ったがしばらくすると飛ばし過ぎた選手達が遅れ始め、自分のペースで順位を徐々に上げていった。

このコースはとにかく登る。足を着きたくなるような斜度の坂が延々と続く。周りが押して歩いているところを必死に乗車して気持ちを上げていく。順位は理想とはかけ離れているが足の調子は悪くない。やってきたことは間違っていない。

前半は周囲のペースが合う選手達と刺激し合いながらレースを進めることができた。

しかし、ラスト30キロあたりから前へ行きたい気持ちとは裏腹に次第にペースダウン。足に力が入らず、斜度に耐えるだけの走りしかできない。肺炎後の練習が足りなかったのか?持久力が落ちているのか?ネガティブな気持ちが押し寄せてくる。心の葛藤は身体的苦痛と同等以上にきつい。しかし、それを受け入れることは絶対にしてはいけない。心が折れると身体も一気に動かなくなるからだ。

親友・ライバルであるカナダのナショナルチャンピオン、コーリー・ウォレス選手がすぐ前に見える。彼の背中に少しでも追いつくようにペダルをこいだ。一向に差が詰まらない。彼も必死に追い込んでいる証拠だ。そう考えると勇気をもらうことができた。

「最後までベストを尽くすこと。」それが今できる私の唯一つの仕事。フィニッシュ後ぶっ倒れてもいい。

しかし、ガムシャラになるだけでは順位を落とすだけ。自分の得意なセクションと苦手なセクションで強弱を付けて1つでも順位を上げることを考えた。得意なテクニカルなセクションでは多少リスクを取っても周囲から抜け出した。

アタックをかけてグループの先頭で最後のシングルトラックへ入った。フィニッシュまで攣っている足を奮い立たせて無理やりダンシングで最後のチカラを振り絞った。筋線維がブチブチ切れていくのがわかるほどだった。

フラフラになりながら沢山のギャラリーに迎えられてフィニッシュゲートをくぐった。

DSCN7153 (800x600)

©Hiroshi Kiyama

結果、82位。

ぐうの音も出ないほどコテンパンにされた。去年の南アフリカで開催された世界選手権とは桁違いのレベルだった。やはりヨーロッパ開催はレベルが高く、その厳しさを肌で思い知らされた。

優勝は圧倒的な強さでチームメートのアルバン・ラカタ選手(オーストリア)。

昨年、世界選手権を51位で終えたときに、更に上を目指すと誓い、何をすべきかを熟考して努力を重ねてきた。今回は肺炎後ということもあったが、出走した以上それは言い訳にできない。非常に厳しい結果だ。

しかし、今純粋に思う気持ちは「まだまだ挑戦したい!」「まだまだできる!」。

この気持ちは大事にしたい。そして、一緒に戦ってくれている家族、コーチ、サポーターの皆も同じ気持ちでいてくれる。感謝してもしきれない。ありがとう。

シーズン後半もまだまだビッグレースは続く。落ち込んでいる暇はない。

今回の経験は真摯に受け止め、明日からのトレーニングに活かしていきたい。

沢山の応援、サポートありがとうございました!

レース機材:

バイク: Canyon Grand Canyon CF SLX チームエディション
ドライブトレイン:SRAM XX1(28t)
タイヤ: Continental Race King 2.2 Protection
グリップ: Ergon GS1
グローブ: Ergon HX2
ペダル: Crank Brothers Eggbeater 11
サングラス: Limar
ヘルメット: Limar

ボトルケージ: Topeak ShuttleCage CB
チェーンオイル:Finishline Ceramic Wet Lube

補給食:GU(ドリンク)パワーバージェル&VESPAプロSayako’s Kitchen
リカバリー:C3fit コンプレッションソックス
テーピング:ニューハレ

パーソナルスポンサー:
NEW HALE:テーピング
自転車コーキ屋
Peaks Coaching Group Japan
VESPA
パワーバー
THE NORTH FACE
C3フィット
なでしこ健康生活・生きている玄米
ヒロコンフーズ
VITAMIX
HALO HEADBAND:ヘッドバンド
オルタナティブバイシクルズ
民宿 藤屋(王滝村)
スポーツクラブ ルネサンス

チームスポンサー:
Ergon
Topeak
Canyon
SRAM XX1
ContinentalTires
Primal Wear
Finish Line
Crank Brothers
Chamois Butt’r
Stan’s No Tubes

 

第二の故郷アメリカコロラド州に到着しております☆

世界選手権を終え、

イタリア・ドロミテから4時間ちょっとドライブしてドイツ・ミュンヘン空港、アイスランド航空でアイスランド経由(国際便なのに45分しかトランジットなかったので焦りました)でデンバー空港へ。空港からはバスでベース地tなるブレックへ。ほぼ24時間の移動でした。

疲れたけれどコロラド州は何年も暮らした土地、MTBを始めた場所なのでやはり落ち着きます。

ブレックの標高は3000メートル近く、順応には時間がかかります。昨年はまともにパワートレーニングできるまで10日以上かかりましたが、今回はドロミテ1500メートルを経ているのでちょっとはマシかも?!

ブレックではもう家族!?ともいえるTetsuoさんとToshimiさんにお世話になっています。Tetsuさんは日本食レストランオーナー兼トップシェフでありつつ、MTB乗りでもあります。特に下りのスキルとスピードは握る寿司並みに最高です!w

早速、テツさんの案内の元トレイルライド行ってきました。MTBライダーは口で語るより、まずライドで語り合います☆

11698425_797320457048721_5155810584375112214_n

 

大自然、綺麗な青空、カラッとした空気、整った自転車環境、永遠と続くシングルトラック、おいしい食べもの、、、、私のお気に入りの場所です。

8月16日までの滞在です。ここブレックで更なる成長をしていきます!

ではでは、またレポートします!

 

MTBマラソン世界選手権終えました。速報。

82位でした。

世界各国の代表146人出走。

87キロ、獲得標高4700メートル。噂通り壮絶なコース。恐らく競技人生の中で一番ハードなマラソンレースコースでした。

最初から最後まで気を抜けない5時間26分でした。

結果はここから↓

http://services.datasport.com/2015/mtb/sellaronda/RANG001.HTM

男子TOP3↓

優勝はチームメートのAlban Lakata選手(オーストリア)!

準優勝は引退レースとなったChristoph Sauser (スイス)

3位は昨年ここのコースで優勝経験のあるPaez Leon Hector Leonardo(コロンビア)

でした。

女子TOP3↓

1.Dahle Flesjaa Gunn-Rita –
2.Langvad Annika –
3.Spitz Sabine –

レースハイライトのビデオです!↓ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?t=101&v=MTX8gi2F-aY

私としては順位は全く納得していないし、昨年よりも低下している順位。

客観的に分析すると明らかに今回イタリアで開催されたこともあり、ヨーロッパの強豪ライダーが集まり、昨年の南アフリカと比べると競技レベルは格段にアップしていた印象がありました。ヨーロッパの層の厚さとフィットネスの異常なまでの高さを改めて肌で感じました。

一か月前に肺炎を患い、どん底からの再スタートでしたが、そこから可能な限りのことをして臨んだ今レース。

もっともっと時間があれば・・・とは思いましたが、それもレースの一部。きっと他の人も何かしら抱えていたこともあったはず。

とにかく現状の力全てを置いてくること。それは少なくとも遂行できました。

ピークにはまだまだ達していないので、しっかりと立て直して後半シーズンに今回の悔しさを思い切りぶつけます!!!

応援してくれている全ての人たちに感謝です。

ありがとうございました!!!

イタリア・ドロミテは明日までの滞在です。最後までMTB環境を調査(楽しみ)します☆

11692539_10153454842341151_6820174680821840118_n

 

美しすぎるほどの大自然と、生活に根付いたMTB・ロード問わず自転車の環境がここにはあります。

レースレポートは後日詳しく書きます。

世界選手権に向けて・・・

ひたすら毎日試走を繰り返しています。

最初の二日で87キロ全行程を乗り、3日目に一番きつい斜度の登りとテクニカルなセクションをおさらいしました。

1545166_10153444125736151_1926965787071456301_n

今までのトレーニングを最大限生かすためにもこの最後の試走やコンディション作りは真剣です。

IMG_0704

 

それにしてもこのドロミテという場所は天国かと思うくらい素敵な場所です。

そして、自転車の人気というか存在感もすごいです。サイクリングが生活の一部となっている場所です。10632863_10153444995536151_611866777186425556_n

昨日はフィリピン代表のニノも一緒に試走しました↓。彼は人生で初めて雪を生で見て触ったそうです!感激していましたね~。こちらももらい感動しましたwIMG_0690

登りの距離、斜度がとにかくすごいコースなのでチェーンリングも普段の34tから28tに変更。最初30tで試走したのですが、行けなくはないが後半に足を残すことも考えて28tを選択。IMG_0737

サドルの先端に座って緩い砂利の路面をトラクションコントロールをしながらケイデンス50以下。そんな登りが30分以上続くところが数か所あります。

平坦が全くないのでサドルも前下がりに調節したり、コースに合わせたポジションも検討しています。IMG_0735激坂が続くと腰の張りも出てくるのでニューハレのVテープを腰に貼って補強する工夫もしています。IMG_0685SAYAKOは食事以外にも今回は補給ポイントや試走の繋ぎをドライブしてサポートしてくれています。ドロミテの山道は狭く、細く、うねうねでかなり神経を使います。本当に助かっています!IMG_0676

今日は完全休養。明日少し刺激を入れて、明後日本番という流れです。

今のところとても良い緊張感と期待感でレースに望めそうです☆

ニュース:

  • エルゴンの日本語ウェブサイトが開設したのでぜひチェックしてください!↓

http://ergon-bike.jp/index.html

  • [9月13日開催] 京都ゆぶね TOPEAK MTB CARNIVAL 秋の行楽弁当 大会 に参加決定しました。夫婦で参加します。ぜひ、みなさんも一緒に参加して楽しみましょう☆ウェブサイト:http://main.846.info/?day=20150622

↓ドロミテの町のオブジェ。壊れた!?バイクを彩っていたるところにあります。ヘルメットにお花っていうのがスゴイですねw

IMG_0682

ではではまた~!

イタリアはドロミテに到着しています!

世界選手権が行われるイタリアのドロミテ地方に来ています。

日本ナショナルジャージ、日の丸を背負って出走します。その意味はとてつもなく大きい。

11350445_10153429074316151_5761672598151741242_n

世界で最も美しい場所の一つと言われるだけあり、素晴らしい大自然がここにはあります。

11112216_10153436392956151_4458448762811708503_n

到着翌日から早速、もう一人の日本代表の門田選手、カナダ代表のコーリーと3人で試走へ出発。サヤコはサポーターとして車で補給ポイントへの試走。

10989179_792518887528878_424554596101383300_n

 

本日は、87キロ中、約55キロを試走。獲得標高は4700メートル中、3000メートル。

1607113_10153438256411151_1200231350720910096_n

標高も高く、呼吸はきつかったです。順応はもう少しかかりそうです。

とにかくロケーションが素晴らしい!鬼のようにきつい斜度をひたすら登る過酷なコースだけれど、思わず笑みがこぼれるほど綺麗な場所です。

22602_10153441025276151_8527734602635264278_n

この場所に来れて本当に良かった。そしてチャレンジできることに感謝です。

↓サヤコと途中の町で合流してランチ。ロードバイク、モーターバイク、マウンテンバイク、あらゆる乗り物のメッカ的な場所。

11027987_10153441042356151_233673971032210715_n

 

コース上にハイカーもたくさんいるのですが、お互い快くすれ違います。バイカーもハイカーも気持ちよくトレイルを共有しています。整備も看板もしっかりしています。歴史、文化もあるのだろうけどこの経験を少しでも日本へゆくゆくは還元していきたいと強く思いました。

11219408_10152828239341193_2330637770088932485_n

 

今日は午前中はザンザンの雨。午後から止むそうなので引き続き残りのコース試走へ行こうと思います!

滞在ホテルではネット環境が無いので、アップが上手くいかないかもしれませんができるだけ情報発信していきます!FBやInstagram、Stravaもよろしくです☆

ではでは!