MTBのエンデューロシーンがすごく気になるんですけど!

日本でエンデューロというと周回コースを一定時間内乗って、その周回数を競う。

というイメージが強いが、

MTBでいうエンデューロは、下りメインでコース中にしっかり漕ぎのセクションもある

スキルとフィットネスの両面を試されるクロスカントリーとダウンヒルをミックスした競技なのだ!真のマウンテンバイカーを決めるレースともいえる。

最適なマシーンは140-15㎜のサスが前後にあるようなトレイル・オールマウンテンバイクだ。

ヨーロッパや北米ではジワジワ人気を集めてきている競技で、僕がMTBを始めたアメリカのロッキーマウンテンエリアでもBIG MOUNTAIN ENDUROというシリーズが2013年から開催される!

会場はMTBのメッカと言われる場所がゴロゴロ。デュランゴ、モアブ、クレステッドビュート、キーストーン、タオス。この場所を見ただけで今すぐにでも乗りに行きたいくらいだ!

競技時間もコースにより幅広い。30分程のものから2時間のもの。連日のステージレース形式もある。まさに枠にとらわれないオールマウンテン競技。

では、僕の大好きなカメラマンDevon Baletの写真でエンデューロの様子をお楽しみください☆

写真:Devon Balet

写真:Devon Balet

写真:Devon Balet

写真:Devon Balet

さて、バイクを用意しなければ~(笑!やりたいことが多すぎで大変だけどワクワクだ~!

今日の

池田祐樹の「世界のトレイルから」 Vol. 9は
4000m級ロッキー山脈の冒険 米コロラド州「レナウィートレイル」

コロラドを代表するトレイルの一つです!ぜひ、ご一読を☆