Believe in yourself!

MTBのレースを始めたころから自分への可能性を信じていた。

ぶれる時ももちろん多々あるが、最後は信じる。

自信過剰?かもしれない。

でも、それほど自分を信じていないと叶うものも叶わない。

まさか、一番のあこがれの選手DAVE WIENSと同じジャージを着られるとは思っていなかったが、同じ舞台に上がることは最初から考えていた。

まだまだ終わらないし、まだ始まった?いや、これからだと思っている。

自分の成長を信じている。

言うのも恥ずかしく、バカにされるゴールだとしても自分だけは信じてあげよう。

最後の最後まで。

昨晩、留学時代の友達とそんなことを語り合った。

また、熱くなった。

Thanks guys!