ウィスキーオフロード(50マイル)レース速報レポート

今回のアメリカ遠征で一番の山場であるウィスキーオフロードの当日を迎えた。

朝、8時半スタートのために機材と補給の最終確認。

約90人のトップライダーの賞金争いが始まった!

序盤からほぼ全開ペース。

コース中盤に待ち構えている約1時間続くヒルクライムにエネルギーを残しておくことも必要だ。

しかし、エネルギーをセーブすることなど考えていたらあっという間に取り残される。

後先考えずに流れに任せて、一瞬一瞬に全力を注いだ。

シングルトラックはドライで砂が深くなっていて、落車が続出。

多々あるロックセクションも砂埃でラインが読めずパンクも多く見られた。

幸い試走を何度も繰り返したおかげでトラブルなく乗ることができた。

それにしても暑い。

陽が当たっている肌がジリジリいっている。

名物の20キロのロングヒルクライムは日陰が一切ないので灼熱地獄。

ここで大きく順位と勝負が決まる。

飛ばしすぎたライダーはここで大概痛い目をみる。

幸い足はまだ生きている。

ここが挽回のチャンスだと見極めて、積極的にペースを上げて前に見えるライダー達を次々と抜かした。

KONAのショーン選手と高めあいながら10人は抜いただろうか。

トップへ着くと、いくつかのアップダウンはあるが、基本的にフィニッシュまでは下り基調。

腿の内側が攣っていたがここで順位を落とすわけにはいかないので、痛みを我慢してビッグリングを踏み抜いた。

レースは辛いが、ロックセクション、河渡り、流れるようなシングルトラック、コース上のいたるところにいる観衆、綺麗な景色、飽きがこない最高のコースだ。

シングルトラックを出ると、プレスコットのダウンタウンにあるフィニッシュラインまでの舗装路セクションが待っている。

スペシャライズドレーシングのライダーとドラフティングし合いながら超高速ペースでフィニッシュへ向かった。

軽い登りセクションでおいていかれるが、ゴール直前の平坦セクションで再びキャッチ!

わずかな差でスプリントを制し、フィニッシュ。

去年よりかなり速くなっているが、順位は33位。。。。3時間22分57秒。

プロメン結果

結果を出したかったレースだけに非常に悔しく、もどかしい。

もっと爆発的な成長が必要だ。

レース後、ライバル達とお互いの健闘をたたえ合う。

汗やら、涎?鼻水?こぼれたドリンクがしたたり落ちたフレーム。汚くて済みませんw

 

表彰式。総額4万ドルの賞金!欲しかった~!

なんにしても怒涛のMTB漬けの3日間が終了!

最高の経験をしました。

ありがとうウィスキーオフロード!!!!

明日からまたコロラド州へ向けてロードトリップ開始です!!!