僕はトレイル人。

今日は午前中にヨガ、PC作業をこなし、午後にリラックストレイルライドへ行ってきた。

雪の影響でまだ上の方は乗れなかったので、下の方の乾いたトレイルを選んで息も上がらないペースでのんびりとライド。

バイクルート。MTB権がここにはしっかりある。ただし、マナーやルールの土台が築かれているからこそ。

ほどよく乾いてきて、トラクションは抜群。しかし、ところどころ泥っているので攻めすぎてトレイルへのダメージを残さない優しいライドをすることも重要。

僕にとってトレイルを乗ることは当たり前であり、特別なことでもある。

レース、トレーニング、遊び、考え事をしたいとき、吹っ切れたいとき、いろいろなトレイルを乗る理由があり、楽しくも辛くもあるけれど、どの瞬間も最高の経験をくれる。

レースの様な激しい興奮、強くなるためのトレーニング、疲れた心を癒す、仲間と共有する楽しい時間、すべてトレイルがくれる。

自分が生きている実感を一番得られる場所。

そして、素晴らしいトレイルは世界中に無数にある。

ヨーロッパ、北米、アジア・・・

トレイルを通してその土地の空気・文化・人を感じることができる。

まだ感じたことのない世界中のトレイルを残りの人生でどれだけ経験できるだろうか。

例えばコロラド州は知り尽くしたと思っていたが、

ここイーグルのシングルトラックにはまた新しいテイストがある。

新しい良いトレイルを乗ることは良い出会いでもある。

また、来たい!また乗りたい!と思わせてくれる。

そうするとその周辺の土地にも興味が出てくる。

良いトレイルがあるところには良いマウンテンバイクコミュニティがある。

そこに入ることにより、また新たな世界の輪が広がる。

こんな風に世界に触れて、輪を無限大に広げていきたいと思う。

僕はトレイル人だ。