ファイヤーバードレース速報

結果は80人中9位でした。

出走メンバーと展開的に今遠征中一番のパフォーマンスが出せました。

今回レースで初投入したSRAM XX1 の1X11システム(今回はフロント32をチョイス)も最高に良い感じで、ぴったりのギアリング!今日の良い走りに貢献してくれました。

TOP3は以下の通り。

1位 Todd wells, USA (Specialized)

2位 Ben Sontag, ドイツ (Cannondale)

3位 Fernando Rivero, コロンビア (Twenty2 Cycles)

1位はUSAXCナショナルチャンピオン、2位はドイツのXCナショナルで表彰台選手、3位はコロンビアのXCナショナルチャンピオン。

1-2周目は先頭集団を視界にとらえつつレースできたことは大きな収穫。XC並みのスピード展開だったのでパワーとスピードの成長を確認できた。

3-4周目はオーバーペースからくるスピードダウンを最小限に抑えるために耐えに耐え、ファイナルラップは復活してスプリントを制して9位でフィニッシュ。

会場のフェスティバルの様子やフルレポートは後日書きます!

たくさんの応援やメッセージありがとうございました!