2013 UCI MTB マラソン世界選手権へ向けて。

6月29日開催2013 UCI MTBマラソン世界選手権へ向け、来週金曜日からオーストリア遠征開始します。

今年の日本代表は山本幸平選手(SPECIALIZED)、門田基志選手(GIANT)、私の3人です。

本日、日本代表ジャージが届きました。

最近・・・・正直、今の自分にその資格があるか自問自答、葛藤していました。

昨年は日本最大の長距離レース「SDA in 王滝」を2連覇して臨んだ世界選手権。

ところが、、、今年はアメリカでそこそこの走りはしたものの、そのほかのレースはぱっとせず、王滝に至っては3位というかなり微妙な結果。TOP2の選手は代表ではない事実。

結果を出し、日本代表として堂々と出発したかった。

しかし

代表として決まった以上やるしかない。

日本にいる皆に恥じない走りをしたい。

ようやく前を向き始めた今。

大会までの期間は短いですが、ベストを尽くします。

必ず。

そこだけは約束します。

今年のマラソン世界選手権はオーストリアのキルシュベルクで行われます。

↓エリート男子用のコースプロファイルです。

 距離:94キロ

獲得標高:4400メートル

観る限り、スタート以外平地一切なし。超級クライミングコースです。テクニカルなセクションも多く点在するようです。

このクレイジーなコースを世界各国のトップライダー達と競い合います。

ナーバスな自分とワクワクしている自分の両方が心の中にいます。

本番でパフォーマンスを最大限発揮するために今何ができるか?

そこに100%集中します。