XCO全日本選手権前日。レースバイク紹介。

日本一のXCライダーを決めるXCO全日本選手権が明日に迫りました!

昨年は出場しなかったのですが、今年は参戦します!

マシンも気合いを入れ、パーツチョイスを若干変えた2台を組みました。コースにより選択します。

フレームはCANYON CF SLX29 TOPEAK/ERGON TEAM EDITION。超軽量かつ、必要なところに剛性感をしっかり出している信頼できるフレームです。

トップチューブにはスペシャルネーム入り。漢字はChimChimRacingさんで作成してもらいました!これは海外でも目立つのでかっこいい!

グリップはもちろんERGON GX1チームグリーン。

スペアバイクのグリップはGP1バイオコルク。コンフォートの位置づけですがフィット感が抜群に良いので使用の可能性大です。そして何よりオシャレ♡

サドルはERGON SM3 PRO CARBON。MTB専用設計のサドルです。特に急勾配の坂での前乗りがしやすいデザインがGOODです!

 TOPEAK製シャトルケージCB。重量はなんと20g!それでいてボトルのホールド感もばっちりです。デザインも洗練されていてかっこいいです!

今シーズンから使用しているフォークはマグラ・TS8SL。軽量かつしっかりした剛性感を持っている。MCインターナショナルの迅速なサービスで常に最高の状態でライドさせてもらっています。急なトラブルの対応ありがとうございます!

高剛性、軽量、イージー。正にその通り!

ブレーキももちろんマグラ。モデルはMT8限定のシルバーカラー。重量はローターを含めてたったの278g!にもかかわらず、ストッピングパワーは超ストロング!

タイヤのチョイスはコンチネンタル・クロスキング(RACE SPORT)2.2。オールラウンドに活躍できるXCタイヤ!

クロスキングも良いのですが、おそらく全日本で使用するのはこちらのコンチネンタル・レースキング2.2(RACE SPORT)。漕ぎの軽さ、乗り心地の良さを生むエアーボリューム、軽量、弱点がほぼありません。

ドライブトレインはスラム・XX1!春から使い始めて、もうXX1の虜です。最初は不安もありましたが、XCからマラソンレースまで網羅できる万能性と信頼性を兼ねそろえています。

今回はフロント34Tのチョイスで行きます!

ハンドルバーはリッチー WCSカーボン2Xトレイルバー!710㎜の幅広が僕のお気に入りです。XCのように軽く、DHのように強い!

シートポストはリッチーWCSカーボン・フレックスロジック・リンク。縦方向にしなる作りになっていてハードテールとの相性がばっちりです!

ホイールはXR1450  29。アルミリムでも軽量で剛性もあり、こいだときの素直さが気に入っています。

ペダルは長年愛用しているクランクブラザーズ・エッグビーター11.重量たったの174g!この軽さは群を抜いています!

気になる総重量は9.03kg!軽さだけを重視せず、信頼できるものをチョイスしての結果なので大満足です。

今日の試走で決めた本番のバイクチョイスは一番上の写真の手前のバイクです。

今回帯同してきてくれている尾関メカに最終調整をしてもらって準備は整いました!Thanks!

工具:TOPEAKプレップステーション

ポンプ: TOPEAK JOE BLOW MOUNTAIN

スタンド:TOPEAKプレップスタンドPRO

明日は最高のバイクにまたがり、自分の最高の走りを出し切ります!よろしくお願いします!