LIMBC1日目プロローグ タイムトライアル

プロローグはコース距離4.2キロの30秒インターバルの個人タイムトライアル。

良い感じで睡眠もとれて精神的にも上向きだったが、、、

朝、会場へ試走へ向かおうと思ったら直したはずのリアディレーラーが正常に動かず、、、、。焦りながら必死に直し、会場へ向かうも試走時間は終わっていた。短いだけに試走はかなり重要だったので、とても悔しい。

カテゴリーの間で試走をできるか聞くがNGと言われ断念。

試走した日本選手団からできるだけ情報を仕入れる。

腹をくくってウォームアップだけは入念に行い、我武者羅にスタート。

最初の90度コーナーで突っ込みすぎていきなりのタイムロス。

注意しろと言われていた根っこセクションではラインが決められずに中途半端に。。。

写真:山田智

ミスは承知の上、とにかくこげるセクションだけは必死に追い込んだ。

ブラインドコーナーではリスクをとるよりも減速を優先。

身体の反応は悪くない。

前にスタートした選手に追いつくことを目標に身体も心も前へ向ける。

最後のストレートで追いつき、ほぼ同時にフィニッシュ。

悔いは残るが、追い込むことはできた。

レース後集合写真↓。

レース結果は5分48秒で93人中37位。トップから45秒差。

↓は今日の結果。日本人のみんな健闘しています。Coryはコースミスったらしく39位。

久々のメカトラで悩まされて悶々としているが、問題がレース中でなくてよかった。そして、差がでない今日のプロローグで良かった。

まだ挽回できる!

レース後、クールダウンを長めに行って気持ちを落ち着けた。

ホテルでは大会側が準備してくれたマッサージを受けた。久々だったのでとても気持ちよく、リラックスできた。

バイクは正常に動いていたのでこのまま保ってくれることを祈るばかりだ。こういう時にメカニックの大切さを改めて痛感する。

とにかく気持ちを切り替え、この負のスパイラルから必ず抜け出すぞ!

明日こそは言い訳なしのスカッとしたレースをするぞ!