LIMBC STAGE 3レポート

今日のハイライトビデオ。

朝から土砂降り。

スタート時間になっても雨は止まず、激しいアドベンチャーレースを予感させた。

今日は21キロコースを3周の63キロ。

GC順位が13番だったのでかなり良い位置からのスタートとなった。興奮する自分が抑えられない。

©Cycling Malaysia Magazine

大きい登りは泥がひどくて乗車は難しくほぼ押し区間。ハイクが遅くてどうにもリズムに乗れない。

下りに入り、これから攻めようという時にまさかのメカトラが発生。

メカトラが少ない今シーズンのツケが今きているのか?!

一応乗車は可能なのだがコントロールできずクラッシュの連続。次々に抜かれてしまう。

1周目でこの状況。せっかく13位まで詰めた総合順位も崩れるように落ちていく。

身体も心もボロボロでスタート・フィニッシュに戻ってくる。あと、2周行けるのか?リスクを負ってまでレースを続ける意味はあるのか?ここでリタイヤするか?

心の中で葛藤を繰り返すが、結局考えはまとまらずに2周目にはいった。

調子は悪くない。こぐセクションは周りよりも速いが、押し区間とメカトラによる下りの遅さで持ち味が出せない。

2周目をやっとの思いで消化したが、正直3周目をこなせる自信がなかった。この状況は辛すぎる。あのきつさをもう一周味わうかと思うと怖かった。

しかし、ここで諦めたらステージレースは終了してしまう。どんなに遅くても我慢して完走さえすれば明日のレースに出られる。何が起こるかわからないのがレースだ。諦めさえしなければ、希望は消えない。

©Cycling Malaysia Magazine

 

腹をくくって3周目へ突入した。

途中、足がチクチクするな~っと思って見るとヒルが4匹ほど付いているではないか!!おそらく泥の中を歩いた時にくっついたのだろう。しかも、血を吸ってぷっくり膨れ上がっている!!すぐに振り払ったが、べっとりと血がついていた。人生初めてヒルに血を吸われた。。。。これもアドベンチャーの一部で良い経験?!

最終回はほぼ一人旅。

一心不乱にゴールだけを目指す。

全身が鉛のように重く、特に手と腕の感覚がない。

フィニッシュ時には精根尽き果てて放心状態となった。

GC順位はかなり落ちただろうが、今日はトラブルに負けずに完走した自分を少し褒めたい。

とりあえず明日のステージに繋げるレースをできたことは確かだ。

結局、GC順位は13位から17位へ落ちていたが、予想よりはマシだ。賞金圏内の15位とは1分30秒。まだあと2日ある。残り2ステージは短いだけに差を詰めるのは難しいが、せめて15位以内を目標に攻めに攻めるつもりだ。今日の諦めずに完走した頑張りを活かすためにも!

山本幸平選手が今日優勝して、総合でもリーダーとなった!これには元気をもらった!負けていられない!

今日のメカトラを治すために2件のバイクショップを回ったが、彼らでは直せず、途方に暮れていた。最後の頼みで他チームメカニックのサムさんに尋ねると快く見てくれて直してくれた!

心から感謝だ!ありがとう!

新品のブレーキパッドも一日でこんな感じになっちゃいました!しっかり交換して明日に備えます!

明日はXCOです!!!!