STAGE4 XCOレポート

今日は15時からの遅めスタート。

4.2キロの7周回。

スタートからワールドカップのトップレーサー達がロケットのように飛び出す。

凄まじいスピードだ。マラソンとは違う領域だ。

これが世界レベルのXCOか。この経験は計り知れないくらい大きい。

付け焼刃では対応できずに20%以上はあるだろう急斜面の登りでついていけなくなってしまった。

順位をなるべく落とさないようにするが全身がレッドゾーンを超えている。

最初の2周は耐えに耐えて踏ん張った。

3周目あたりから激しく雨が降りだし、またどろどろレースとなった。乗れていた個所も難易度が増して押し区間が増えてきた。

しかし、周回を重ねるごとに徐々に身体が楽になり、徐々に前に追いつき始めた。

いつラップアウトされるかわからないので妥協は許されない。

持てる力は全て出したが、ギリギリのところで6周目に入れずにラップアウトされてしまった。

結果は23位。

XCOは短期決戦の厳しい世界。スロースターターなどと言い訳は一切できない。

GCは残念ながら21位まで落ちてしまった。

ちょっとラップアウトのペナルティが1周15分というのはステージレースでは厳しすぎるような気はする。数秒差で次の周回に入った人と15分差がつけられてしまう。今までの長くきついマラソンステージでつけたタイム差の苦労は一体なんだったのだろうか?!と思ってしまう。

でも、ルールとあれば仕方ないのだろうか。一応、大会側に話にはいったが、ルールはルールとのこと。

悔しいが、同周回フィニッシュできなかったのは自分の弱さが原因。次回挑戦するときはルールを気にせずに必ず同周回でフィニッシュしてみせる!

明日はついに最終日!

30分のショートトラックです。きっちり追い込んでフィニッシュします!