食べること。身体をつくること。

最近はSayakoがアスリートフードマイスターの上級資格取得中ということもあり、食について関心が高まっています。

アスリートフードといっても特別な食事を摂るわけではなく、バランスの良い食事が基本。

料理だけではなく、素材そのものを見つめ直しています。

本当に身体によいものとは?

今私達が食べているものが、どこでどのように育ち、最終的に私たちの口に入るか。

例えば野菜が良い。

っと単純に言っても

勉強も必要だ。

低価格、手軽、などの誘惑もあるが、本当に大事なものは何かを考えなければならない。

大人の場合、筋肉は約3か月間・骨は2-3年で全て入れ替わると言われている。この間に食べた物によって身体は形成される。

食事をするうえで気を付けていることは

栄養バランス、量、食材、見た目、楽しむ、の5つ。

それらを考えて創られた今日のランチ↓

そして、医者いらずと言われている今が旬の果物!

「もりやま園」から丹精込めて育てられたリンゴが届きました。

あまりの美味しさに衝撃を受けました。

どれだけの人と想いが関わって目の前の食卓に並んでいるかを改めて考えさせられる。

これからも自分たちの身体を作ってくれる食べ物を、

ありがたくいただきます。