強くなるために実践していること。

最近の食生活について触れたいと思います。

約3か月前から、グルテンフリーダイエットを試しています。ダイエットと言っても減量目的ではなく、グルテンを控えた食生活です。数多くの世界のトップアスリートも実践していることで興味を持ったのが始めたきっかけです。

グルテンは小麦・大麦・ライ麦などに含まれています。小麦製品に含まれるでんぷん質は消化不良、肌の荒れ、血糖値上昇などの弊害、グルテンには食欲を増加させる作用があると言われています。近年の小麦には品種改良が繰り返された結果、昔よりもグルテンの含有量が多いと言われています。

っと言ってもアレルギー持ちなわけではないし、無理してストレスも感じたくないので、完全フリーではなく、

「できる限り小麦製品を控える」食事法をしています。

パン、パスタ、ラーメン、ケーキ、クッキー・・・などの小麦を使用したものには添加物が多く使用されている場合がほとんどです。以前まで毎日食べていた食パンには乳化剤やマーガリンが添加されて作られていました。GI値も高く、血糖値をすぐに上げてしまうものも多いです。

当初、大好きだったパン、ラーメン、パスタ、うどんなどを控えることができるか正直不安でしたが意外に平気でした。

米粉・そば粉・大豆粉などでパンケーキを作ったり、パスタもおいしく作れるのでストレスは感じません。

結果、揚げ物・加工食品・油脂が多いもの・ジャンクフードの摂取量を減らしたことで、身体もその食生活に慣れてきました。

今では前の様に油ものをそこまで欲しなくなりました。ここ3か月でラーメンを食べたのはたったの1回。以前の私では考えられません。

身体を作るのは食べ物。特にアスリートの細胞の入れ替えは一般の人たちよりも激しいです。

全力でトレーニングしている身体のことを思い試験的に始めましたが、

幸い日本はグルテンフリーな食事をするには最高の環境なので、可能な範囲でこれからも継続していこうと思います。

何より「米」がうまいことに改めて気づかされています!

日本人の魂、ソウルフードともいえる「米」。

IMG_0605

ご飯と味噌汁を味わう瞬間は「日本人で良かった~!!!!」っと感じます。

食卓に並ぶ品目の多さも日本食の特徴ですね。栄養バランスもしっかり調整できます。

玄米や雑穀米はミネラルもたっぷり。

白米も好きなので日に分けて白米も炊いてもらっていますw

友人から結婚式のお祝いにプレゼントしてくれたSTAUBで炊くお米がこれまた最高です!!!

IMG_0607

アスリートフードマイスター上級資格取得中のSAYAKOが、私のパフォーマンス向上のために、真剣に食と向き合いながら一食一食作ってくれています。
IMG_0592

LOVE日本食!