地球上で最も高いMTBレースへの挑戦-パーツ編1

まずは、ブレーキ。

昨年から使用しているマグラのMT8をチョイス。超軽量かつ十分なストッピングを持つブレーキです。

IMG_1965 (800x800)

 

今回の遠征前にMAGURAを取り扱っているMCインターナショナルへサービス出したのですが、なななななんと!

標高5416メートルのマイナス15℃以下の環境下で乗るということで、冷凍庫に入れてテストまでしてくれました!

1901807_566261680136306_1918714717_n

Photo:Sugiki-san

結果は、バッチリ動くということです!素晴らしいサポートを受けていることにまたまた感謝です☆

フォークもマグラでTS8。今年になって改善された部分もあり、更に動きが良くなっています。

IMG_1966 (800x800)

ダブルアーチの高い剛性とこの動きの良いフォークは、連日のレース疲労軽減にもつながるので強い味方となります!

タイヤは私の定番タイヤのコンチネンタル・レースキング2.2・プロテクションです。

大容量のエアボリュームはハードテールとの相性がよく、転がり抵抗も低いので私にとって一番のお気に入りタイヤです。

IMG_1972 (800x800)

プロテクションは軽量ながらサイドウォールが強化されているモデル。今回のようなサポートが限られているところではなおさら安心できるタイヤが必要です。

IMG_1973 (800x800)

ペダルはクランクブラザーズ・エッグビーター11。なんといっても超軽量!174g!

IMG_1963 (800x800)

泥詰まりにも強く、4面キャッチ、動に自由度があるので膝に優しく、そしてデザインが良い☆

IMG_1969 (800x800)

愛車Canyon Grand Canyon CF SLX 29にどんどん「愛」が積み込まれていきます♡

また紹介していきます!

出発まであと3日!