ザ・ノースフェイス・ヤックアタックレースレポート ステージ3

ヤックアタックステージ3
順位:1位
時間:2時間17分22秒
距離:60キロ
獲得標高:1200メートル

ステージ2レポートはここから

今日のステージは30秒毎の個人スタート。大きなダウンヒルからのスタートなので集団でのスタートは危険と考え、安全を考慮しての設定だ。

最後から2番手でのスタート。今朝の体調はだるい感じがあったが、こぎ始めると足が良く動き、「今日はイケる」と直感した。

最初の長い下りのリズムも良く、次々と前のライダー達に追いついては抜いて行った。

しかし、まだまだ先は長いので飛ばしすぎるのも要注意だ。そして、いくつもの村や町を通過、交通が多い場所も通り抜けるので事故にも注意して集中力をキープすることも忘れてはならない。

IMG_5373 (800x533)

©Santosh Rai

後ろからスタートしたアジェイ選手のことは一度忘れ、前にスタートしたライダー全員を抜くことを目標とした。前を見ることにフォーカスした。

激しいオフロードセクションが終るとラスト20キロほどは舗装路のアップダウンの高速セクションとなっている。

IMG_5433 (800x533)

©Santosh Rai

後ろに付いてくるライダー達を振り払う。

IMG_5470 (800x533)

©Santosh Rai

エアロダイナミックの姿勢でひたすら追い込んだ。

IMG_5438 (800x533)

©Santosh Rai

IMG_5471 (800x533)©Santosh Rai

最後に追いついたゲリット選手(ロードでものすごく強い選手)と2人パックとなっていたのがラッキーだった。登りでは私が前を引き、下りではゲリット選手が前へ出るというお互いの長所を生かした協力体制をとることができた。

そのまま高速ペースを維持し、前の全ての選手に追いつく目標も達成し、1位でフィニッシュラインをまたぐことができた。

今日のTOP2.2位のゲリット選手と共に。

IMG_5668 (800x533)

©Santosh Rai

GCの結果もわずか5秒であるが、再び1位の座へ返り咲いた。

きついけれど高めあう最高のレースをしていることに純粋に喜びを感じる!

今日の宿泊地はベシ・サハー。アンナプルナサーキットの登山口の町として賑わう町だ。明日からいよいよ本格的な山岳ステージが始まる!

IMG_5670 (800x533)

©Santosh Rai

ステージ4へ続く。