ベルギーに来て思ふこと

初めてのベルギー遠征。

様々なことを経験しています。

CIMG1995 (800x600)

慣れている北米とは違い、英語がギリギリ通じるか通じないかの新しい世界。

CIMG2001 (800x600)

雰囲気も文化も人も違います。

CIMG2006 (800x600)

毎年一回はヨーロッパ遠征に来ていますが、ベルギーは初めてです。

CIMG2017 (800x600)

下調べは入念にしてきたものの、物資も制限されているので手探り状態です。
CIMG2023 (800x600)

幸い宿の人たちがものすごく優しいので助かっています。海外での人の優しさは心にしみますね。

CIMG2025 (800x600)

こちらに来てからのバイク環境に関しての印象は様々です。

CIMG2032 (600x800)

確かに競技に対しての姿勢とレベルは半端じゃないです。

CIMG2034 (800x600)

しかし、マラソンのコース試走で思ったことは難易度よりもフィットネス的なコース作りを優先している印象。これは毎年感じています。

CIMG2036 (800x600) (2)

全てではないと思うのですが、例年の世界選手権コースと今回のワールドカップコースはテクニカルよりもとにかく踏む!という感じです。来週末のドイツのコースもロードレースのようなコースと聞いています。

CIMG2037 (800x600)

フランスのマラソンワールドカップで9位の選手と試走をする機会がありました。高いレベルの走りを早速体験できてものすごくラッキーでした。

CIMG2040 (800x600)

彼はMTBに乗ってロードバイクの練習に参加することが多いそうです。とにかくMTBでスピードを上げて持久力をつける、とのことです。

CIMG2042 (800x600) (2)

UCIマラソンに関して、

北米ではコースにいかにシングルトラックを盛り込みエンターテイメント性が強くすることが多く、

ユーロ系はスピードと競技性を意識したフィットネス重視のコース作りが多いと感じます。

CIMG2130 (800x600)

ワールドカップなどのユーロ系のXCは魅せる要素を多くしているのでテクニカル難易度が高いですが、マラソンは難易度よりもスタミナ系のようです。

CIMG2141 (800x600)

ヨーロッパの長距離系は全てパワー系なの?というとそうではないです。

私の出たいレースの一つ、イタリアで行われる「IRON BIKE」などのステージレースは超過酷な設定です。ワンデイのUCIマラソンはパワー系の流れということでしょう。

CIMG2143 (800x600)

この傾向はほぼ確信となったので、世界へ挑戦するために少しだけトレーニング方法を変えていく必要性を強く感じました。

CIMG2147 (800x600)

知人がいない土地で不安のところ、CANYONのブースを訪れるとすごいフレンドリーに迎えてくれました。メカの対応までしっかりしてもらえました。メカや工具が制限されている中でかなり心強いです!

CIMG2175 (800x600)

スタート直後の激坂はロードレースでも使われる場所で別府選手と新城選手の名前がペイントされていました。彼らも世界へ挑戦し続ける勇者たち。この同じ坂を登るのも何かの縁。モチベーションもらいました。

CIMG2205 (800x600)

Hoffalizeの町は小さいです。パーキングスペースもないので今週末は郊外に臨時パーキングと5か所設置してシャトルバスを走らせます。

CIMG2211 (800x600)

エキスポエリアをご紹介。まだ金曜の午前中です。明日からは竹下通り並みにごった返すらしいです。

CIMG2229 (800x600) CIMG2236 (800x600)

直販のキャニオンの試乗チャンスということで予約が埋まってすごいことになっていました!

CIMG2240 (800x600)

スラムも協力的でメカチェックしてくれました。

CIMG2250 (800x600) CIMG2266 (800x600) CIMG2267 (800x600) CIMG2273 (800x600) CIMG2274 (800x600) CIMG2291 (800x600) CIMG2293 (800x600) CIMG2304 (800x600)

会場の雰囲気は良いのですが、

ちょっと気になったのがタバコ。。。エキスポの展示している方までスパスパ。。。

スーパーにもまだオーガニック製品がなかったり、グルテン・デイリー・GMOなどの標示ががなかったり、少なかったり、など

まだ健康志向へ対する意識と食の選択幅が遅れているのかな~という印象もありました。

ベルギーに来てからの食事はアメリカで自炊していた時の様なチョイスはできていません。当たり前ですがその中でもストレスフリーに対応していかなければなりません。

しかし!地元の手作りパン、取れたて野菜を選んだり、ホテルの食事も相談して脂質少な目、野菜多めにしてもらったりなど工夫して食事を楽しんでいます!最初はどうしうようかな?!っとSayakoと考えましたが柔軟になればどうにかなるものです。

国が違うので何もかも同じリズムでいかないのは当たり前!

これも楽しい経験として今後の遠征、競技意識に役立てて行きたいと思います!

↓手作りサラダ弁当でランチ~

CIMG2318 (800x600)