真のアスリートフードって??

妻のSayakoはアスリートフードマイスターとして活動しています。

私達夫婦は現在いろいろな食事方法を試して個々に合うアスリートフードを模索しています。

今行きついているところはすごいシンプルです。

身体に良い食べ物。

安心して口に入れられる食べ物。

そして、おいしく食べて身体に取り入れる。

この3つを基本に、私のトレーニング内容に合わせて食事をチョイスしています。

当たり前のようで難しい。

例えばスーパーやコンビニで並んでいる食べ物。

健康志向と書かかれてあるものでも本当の本当に安心して食べられるでしょうか?

食べたものは自分の血となり肉となります。

自分の身体に成るものに対して私はしっかり向き合いたいです。

謳い文句や価格だけに惑わされず、しっかりした知識を身に付け、味だけでなく身体においしい食材をチョイスしたいです。

こういった概念のアスリートは増えています。

先日、Sayakoの連載している「Sayakoのはらぺこサイクルキッチン」の記事で紹介した私のチームメートのサリー・ビグハム選手の食事インタビュー。ぜひ見てください。↓

http://cyclist.sanspo.com/148480

世界のトップ中のトップアスリートの彼女も同じ考えを持っています。ほぼ自炊で食材もほとんど新鮮なオーガニックのもの。

もう一つの連載(リレー形式)、スポーツワン『スポーツのための食事学入門』の最新記事「良質な油を摂ろう!」も見てみてください。

http://sportsone.jp/nutrition/column/501.html

タンパク質などの栄養バランスはアスリートにとってもちろん重要。

しかし、もっと重要なのは安心できる食材をチョイスすることなのではないでしょうか?

日々過激なトレーニングで酷使している身体を回復させて作るのは食べ物です。

栄養バランスだけではなく、先を見据えた「健康な身体を作り」を考えたアスリートフードを探求していきたいと思います!

10616361_626012327512869_2475031567288673586_n