SDA in 王滝100kmレポート

レース: SDA in 王滝 100km           開催日時:2015年5月24日
結果:14位
場所:長野県王滝村
大会ウェブサイト:http://www.powersports.co.jp/sda/index.htm

ゴールデンウィーク明けから急性肺炎で入院し、出場すら危ぶまれた今大会。

先ずレースのスタートに立てたこと、自分の生きる場所に戻ってこられたことが心から嬉しかった。

出場するリスクも高かったので中田コーチ(PCG)と相談の上、出場の決断は前日まで慎重に考えた。レースでのダメージ、現状のフィットネスの確認、世界選手権を視野に入れたトレーニング、いろいろな要素を考えて出場を決意。

目標は「完走」。心の深層では「コースレコードで優勝」という当初の目標を捨てきれないが、前週まで病院にいた現実も受け止めなければいけない。

色々な思いはあったが、周りの理解や支えも助けてくれてスタートはリラックスして臨むことができた。

11060863_776145842499516_3011061352947293121_n

最初の登り、いつも通りペースは上がっていく。予想はしていたが、先頭を走るイメージとは程遠く、身体は全くついてこない。

先頭集団の背中が徐々に遠ざかっていくが、絶対に諦めることはしない。レースを出走した以上現状のベストを尽くしてみせる。

ペースが合うレーサー達と競いながら、身体がレース強度を少しずつ思い出してきた。

久しぶりに追い込む感覚はすごく辛いが、この緊張感の中で駆るMTBのフィーリングは最高だ。

CP1と2の間で痛恨のパンクが2回あり、ストップを余儀なくされる。

しかし、オーバーペース気味だった自分の気持ちを冷やす機会にもなった。

実際に前半飛ばしたせいか、後半は後続ライダーに次々と抜かされ始めた。必死に食い下がろうと付いて行くが引き離されていく。

今回バイクはCanyon LUX CFをチョイス。フルサスペンションだ。今回は特に路面がガレていたのでこのチョイスは大正解。身体、特に腰への負担も軽減された。

IMG_0211 (800x800)

CP2からのガレた長い登りではハンガーノックになりそうで目がかすみはじめた。久しく味わっていない感覚だ。足も攣りそうだ。

こんなボロボロでコテンパンにやられている状況にもかかわらず、自然と笑みがこぼれる。純粋に、今の自分の限界にチャレンジしていることを楽しんでいた。

CP3に辿り着いたときには意識は朦朧、足は痙攣し、200ワットを踏むのもしんどい状態。このままでは完走すら厳しいのでは、と本気で心配になったほどだ。

王滝に参加して初めてCPで休憩。スタッフの方からパワーバーをもらい、エネルギーを補給した。周りの方から声もかけていただき、心のエネルギーも補給。これでなんとか生き返ることができた。本当にありがとう。

最後の長い登りもなんとか気持ちで乗り切り、ラストダウンヒルへ。腕も疲弊していたのでコントロールに気を使いながら下りに入った。最後まで「今のベストを尽くす」ことは忘れず、快調に飛ばした。そして楽しむことも。

フィニッシュゲートが見えたとき、自然と両手を上げてガッツポーズをしていた。

11350470_776146035832830_7426655919131236913_n

後で考えると優勝したわけでもないのにこのポーズはちょっと恥ずかしいが、レースに戻ってこれたこと、完走できたことが純粋に嬉しかったのだ。

11248255_775334329247334_8915675472237464259_n

ゴールで待ってくれていた仲間、応援してくれた人たちにも心から感謝。

そして、優勝した國井選手(BMC)、心からおめでとう!

11110858_776146699166097_6505123267410052836_n

プロである以上、レースに出るからには「結果」は重要であり、出さなければいけないものでもある。しかし、今回は「完走」すら怪しいコンディションだった。その中で私の「わがまま」に近い出走を見守ってくれたスポンサーの方には心から感謝したい。

今回のレースに出たことは、私にとって大きな意味があった。

現状フィットネスの把握、これからやらなければいけないことの確認、走る喜び、悔しさを感じたこと、健康の大切さ、周りへの感謝、数えきれない収穫があった。

思い入れのあるこの王滝の地で最高の再スタートを切れたと思っている。

次のビッグレースは6月27日のUCIMTBマラソン世界選手権(イタリア)。

一日一日を大切に、次は完全復活してプロとしての走りを皆さんの前で必ず魅せます。

沢山の応援、サポートありがとうございました。

写真提供:Sayako

レース機材:

バイク: Canyon LUX CFチームエディション
ドライブトレイン:SRAM XX1(34t)
タイヤ: Continental X King 2.2 Protection
グリップ: Ergon GS1
グローブ: Ergon HX2
ペダル: Crank Brothers Eggbeater 11
サングラス: Limar
ヘルメット: Limar

ボトルケージ: Topeak ShuttleCage CB
チェーンオイル:Finishline Ceramic Wet Lube

補給食:GU(ドリンク)パワーバージェル&VESPAプロSayako’s Kitchen
リカバリー:C3fit コンプレッションソックス
テーピング:ニューハレ

パーソナルスポンサー:
NEW HALE:テーピング
自転車コーキ屋
Peaks Coaching Group Japan
VESPA
パワーバー
THE NORTH FACE
C3フィット
なでしこ健康生活・生きている玄米
ヒロコンフーズ
VITAMIX
HALO HEADBAND:ヘッドバンド
オルタナティブバイシクルズ
民宿 藤屋(王滝村)
スポーツクラブ ルネサンス

チームスポンサー:
Ergon
Topeak
Canyon
SRAM XX1
ContinentalTires
Primal Wear
Finish Line
Crank Brothers
Chamois Butt’r
Stan’s No Tubes