SDA in王滝100kmレースバイク&装備

体調のコンディションもそうですが、レースバイクのコンディションもしっかりと。

まずは洗車から。フィニッシュラインの洗浄ツールは用途に合った種類が豊富なので隅々までピカピカ!

IMG_0190 (800x600)

自分の愛車ながら惚れ惚れする(笑。Canyon LUX CF 29 TEAM EDITION

IMG_0211 (800x800)

ペダルはクランクブラザーズ・エッグビーター11.クールなルックス、最強の軽さ、キャッチのし易さが武器!

フォークはROCK SHOX  RS1 100㎜ TEAM EDITION。話題を呼んでいる倒立式のフォーク。乗り心地は・・・最高です。重量こそSIDより少しありますが、剛性、動きのスムーズさ、一級品ですね。

IMG_0199 (800x600)

そして、なによりもかっこいい・・・。ライダーのテンションを上げる重要な要素です!

IMG_0200 (800x600)

リアショックはROCK SHOX MONARCH XX。昨年からシールやレッグが改善されたようで、動き、ルックス共に最高です。

IMG_0205 (800x600)

フォークとリアショックを同時にリモートロックアウトを可能にするXLoc Full Sprint自転車コーキ屋さんにて下位置に付けてもらいました。これで、シフターのようにプッシュが可能、ハンドルバーの上にも手を置きやすく、見た目もすっきりです!

IMG_0201 (800x600)

ホイールは今年からSRAMを使用。カーボンホイールRISE60。ウェイトは約1430gでこれだけ剛性を確保しているのにかなりの軽量です。

IMG_0208 (800x600)

タイヤはコンチネンタル レースキング プロテクションを考えていますが、クロスキングも考えています。現地で決定します。転がり抵抗が低くスピード重視なレースキング、グリップが強くこぎも軽いオールラウンドなクロスキング。迷いますが、嬉しい悩みです。

IMG_0207 (800x600)

駆動系はSRAMのXX1。チェーン落ち・スキップなどのトラブルがほとんど無く、信頼できるドライブトレインです。今回は32tを入れようかと思いましたが、常用している34tをチョイスしています。病み上がりの身体で大丈夫かな~(汗。

IMG_0195 (800x800)

ブレーキは今年からSRAM XX。初めて使用しましたが、すぐに馴染んでタッチも意外と好みでとても良い感じです。

グリップは言わずと知れたERGON GS1 S。もうこのグリップじゃないとライドできないくらい身体の一部と化しています。

IMG_0198 (800x600)

シートポストTRUVATIV Noir T40。印象は「強い!」。締め付け部分の補強など、作りがかなりしっかりしているので安心感があります!

サドルはERGON SM3 カーボンS。軽く、程よくしなり、サイズも選べる人間工学に基づいたフィットデザイン。

IMG_0203 (800x600)

サドルバッグはTOPEAK製ウェッジドライバッグ(ストラップタイプ)S。完全防水!ロールタイプの大きい開き口なので出し入れもし易い秀逸なデザイン。

IMG_0212 (800x800)

サドルバッグの中身は、

チューブ2本(穴が無いかチェックして他のものと干渉しないようにビニールで保護)
携帯工具(チェーン切はマスト)TOPEAK ミニ20プロ
TOPEAK レスキューボックス(チェーンリンク・パッチキット)
TOPEAK エアーブースター・25gCO2を2本
タイヤブート
タイヤレバー

グローブはERGON HX2.縫い目が無いデザインでマメができにくく、柔らかいので最初から馴染みやすいレースグローブです!

今回はボトルが1本しか入らないフルサスをチョイスしているので、ハイドレーションパックをキャリー。

IMG_0210 (800x600)

体調があれなので予想時間は4.5時間~5.5時間ほどを考えての量。↑で全部ではないのでご注意を!

 THE NORTH FACEマーティンウィングLT。195g超軽量&ジャージのバックポケットも使えるのがポイント。1.5リットルのSayakoオリジナルのドリンクを投入予定。詳細は後程~w

パワーバー梅味ジェル5個、梅エキス、ヴェスパハイパー、水をソフトフラスコの中にミックス。

エナジーバー1個。

塩熱サプリ(電解質)。

リカバリーヴェスパはレース後。

カーモイスバターは擦れ防止に股やお尻にたっぷり塗ります。

日焼け止めもSPF50でしっかりと。

気温が低い場合はウォームアップオイル&サランラップをお腹に。

雨天時はレインジェルもプラス。

ウェアは基本半袖にショーツですが、気温によってはアームカバーをプラス。

小雨の場合は、薄手のウィンドブレーカーかベストをプラス。

土砂降りの場合はレインウェア上下。

泥除けも忘れずに持って行きましょう。

予備のブレーキパッド、チェーンオイルもプラスする可能性もあります。

雨の場合はフィニッシュラインのセラミックグリースをチェーンに薄く塗ってからオイルを塗布する裏ワザも使います。若干重く感じますが、土砂降りでもオイル切れになることはほとんどありません。

100キロ出場予定の人はブレーキパッドは新品のものに変えておくのが得策ですね。

明日の夕方に王滝入りする予定です。

土曜日はTOPEAK/ERGONブースが出るのでぜひ遊びに来て気軽に質問、痴話話し、お声掛けください!かっこいいERGONの無料パンフレットもあるのでチェックお願いしま~す☆

楽しみましょう!