MTBマラソン世界選手権終えました。速報。

82位でした。

世界各国の代表146人出走。

87キロ、獲得標高4700メートル。噂通り壮絶なコース。恐らく競技人生の中で一番ハードなマラソンレースコースでした。

最初から最後まで気を抜けない5時間26分でした。

結果はここから↓

http://services.datasport.com/2015/mtb/sellaronda/RANG001.HTM

男子TOP3↓

優勝はチームメートのAlban Lakata選手(オーストリア)!

準優勝は引退レースとなったChristoph Sauser (スイス)

3位は昨年ここのコースで優勝経験のあるPaez Leon Hector Leonardo(コロンビア)

でした。

女子TOP3↓

1.Dahle Flesjaa Gunn-Rita –
2.Langvad Annika –
3.Spitz Sabine –

レースハイライトのビデオです!↓ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?t=101&v=MTX8gi2F-aY

私としては順位は全く納得していないし、昨年よりも低下している順位。

客観的に分析すると明らかに今回イタリアで開催されたこともあり、ヨーロッパの強豪ライダーが集まり、昨年の南アフリカと比べると競技レベルは格段にアップしていた印象がありました。ヨーロッパの層の厚さとフィットネスの異常なまでの高さを改めて肌で感じました。

一か月前に肺炎を患い、どん底からの再スタートでしたが、そこから可能な限りのことをして臨んだ今レース。

もっともっと時間があれば・・・とは思いましたが、それもレースの一部。きっと他の人も何かしら抱えていたこともあったはず。

とにかく現状の力全てを置いてくること。それは少なくとも遂行できました。

ピークにはまだまだ達していないので、しっかりと立て直して後半シーズンに今回の悔しさを思い切りぶつけます!!!

応援してくれている全ての人たちに感謝です。

ありがとうございました!!!

イタリア・ドロミテは明日までの滞在です。最後までMTB環境を調査(楽しみ)します☆

11692539_10153454842341151_6820174680821840118_n

 

美しすぎるほどの大自然と、生活に根付いたMTB・ロード問わず自転車の環境がここにはあります。

レースレポートは後日詳しく書きます。