ヤックアタックへ向けて再始動!

世界で最も高く、過酷なレースと称されるヤックアタック

舞台はネパール、ヒマラヤ山脈のアンナプルナサーキット。

8ステージ。

最高標高は5600mを越える。

一昨年は感染症により、5日目にコース中で気を失いドクターストップ。

去年は、高山病になりながら準優勝。

DSC09726 (800x533)

下手したら命のリスクもあるこのレース。でも、今年もやりたい。あの日常生活とはかけ離れた極限の世界で極限まで自分を追い込み、高みに立ちたい。

春の南米6日間レース「アルパックアタック」優勝で手に入れたヤックアタックへの招待枠。もう目指すはてっぺんしかない。

13269519904_6d69be949c_o

 

↑ソロングラ峠ステージはこんな感じでバイクは担いで本格雪山登山。

DSC09687 (800x533)

PCGの中田コーチとも綿密なトレーニングプランを立てています。

あと、5週間。妥協なく、やれることは全てやります。

そのうちの一つに標高順応があります。特に昨年は3500mを越えてから身体がむくみ、頭痛が襲い、大変な高山病にかかりました。

株式会社ウィル様から低酸素テントシステムのレンタルサポートをいただきました。

12029718_10153686524831151_8781430554466487997_o

標高は2800mからスタートして徐々に上げていく予定です。夏の合宿地コロラドはブリッケンリッジは2900mだったのでここらから始めていきますが、同時に激しいトレーニングも行うので標高調整はコンディション優先で行きます。

ネパール出発の11月2日までこの中で寝ます。

昨日はテントの中での血中酸素濃度は92~95%でした。通常は98~99%。

STRAVAでも私のトレーニングを公開しているので覗いてみてください。

通常の練習以外にも、ウェイトトレーニング、コアトレ、呼吸トレ、登山トレーニング、徐々にスタートしています。

トレーニングの様子もできるだけアップしていきたいと思います。

12087024_10153686052571151_2516104814896842568_o

ビビる思いもありますが、すごくワクワクしています。

今の自分をすべてを懸けた「超」戦!!!

チャレンジできる環境に感謝!!!

頑張ります☆