SDA in 王滝の魅力

SDA in 王滝。

年2回長野県王滝村で行われる長距離マウンテンバイクレース。

エンデュランスMTBイベントでは圧倒的な人気で日本最大。

コースははっきり言ってキツイです。今回のような寒い大雨の中になればサバイバルレースです。しかし、なぜそこまで人を惹きつけ、リピーターが多く、魅了するのでしょうか。

ライバル達との戦い、自己タイムの更新、フィニッシュ後の達成感、まだまだ行ける自分の中の可能性の発見、王滝村の大自然を楽しむ、などなどたくさんの惹きつける魅力があると思います。

SDAはセルフディスカバリーアドベンチャーの略。直訳すれば自己発見の冒険。まさにその通り。

私も2011年から春・秋大会を数えると今年の秋で12回目のSDA in 王滝でした。はっきり言って多いです。私以上にたくさん出ているライダーも少なくないと思います。しかし、それでも未だにリピートし続ける・・・

大会の写真を見返しているとその魅力が自然とわかってきました。レース中の魅力はもちろんですが、それに付随したそれ以上の魅力がそこにはありました。

ほんの一部ですが(もっと写真を撮ってもっとたくさんの人を紹介したかった〜泣)、今回の王滝関連の写真で振り返ってみたいと思います。

サポートしてもらっているコーキ屋さんでレースバイクを入念に整備してもらいました。レースはその日だけではありません。練習、準備もそうですが、たくさんのサポートと応援してくれている方達の愛情でレースの日を迎えられることができるのです!

img_9429

ギリギリまで注文をつけても王滝出発までに最高の状態に仕上げてくれます。本当に感謝です。

現地でも安達さんが会場でブースを設置してくれてサポートしてくれています。ありがとうございます!

14332981_1062454053868692_2018639240803103893_n

キャニオンジャパンの石山さんもサプライズ?!で駆けつけてくれました!当日も大雨の6時スタートに撮影と応援に来てくれました。ありがとうございます!14358996_1062454100535354_5806169786666713302_n

会場では沢山の方達がブースに遊びに来てくれました!img_9489

池田選手から元気や刺激をもらっています!と皆さん言ってくれますが、私も皆さんからの嬉しい言葉で元気と刺激をもらっています!ありがとうございます!img_9484

リスペクトするアテネオリンピアンでもある大先輩、竹谷さんと超大人気自転車漫画「弱虫ペダル」の著者である渡辺航先生とスタート前に談笑。14440787_1062458773868220_6071375257738420966_n

お二人とも超多忙スケジュールの中で王滝120kmへの準備をするのは本当にすごい!渡辺先生はロード漫画を描いていますが、実は王滝は欠かさず参戦しているMTBフリークなのですw参戦後の単行本巻末には先生の王滝参戦記が載るのでチェックを欠かさずに⭐︎14316843_1062458723868225_2971991981709914982_n

先生の初120kmの様子はブログにも書かれているのでぜひチェックを

スタート前の一枚。え、笑顔?!大雨降ってますけど!

14354894_1062458970534867_4470154853165756845_n

ニュートラルスタート中もこの笑顔!優勝した「ゆろっぴ」こと宮津選手(#5)もいい笑顔しているwちなみに彼の王滝レースレポートも非常に面白いのでぜひチェックを!

14370433_1062459467201484_7103214049618750539_n

 

ちなみにレース中はこんな顔。。。正にガチです。

14358743_10154589162456151_442551835839877244_n

でもフィニッシュ後になるとまたこの笑顔。ライバル達はガチでぶつかり合える仲間なのです。14322372_1062445233869574_3508749552132457030_n-2

レース中は言葉こそほとんど交わさないものの、互いの全てを見せる走りをするので互いを理解するには本気でぶつかり合えば十分なのです。だからこそ心から讃え合えるのです。

まあ、この後一人になると悔しさが一気にこみ上げてくるのですが。。。詳しくはここから(恥。。。

香港からきているKENと。彼も王滝の魅力にとり憑かれた一人(笑。去年からリピーターとなっています!彼も仲間をたくさん連れてくるので王滝を国際色豊かにしてくれます。刺激をありがとう⭐︎

14344119_1062442483869849_6147723854645270485_n

私の王滝村での定宿「民宿藤屋」さんの宿泊仲間のヤナセさん一家もフィニッシュに駆けつけてくれました。14433171_1062453227202108_2854977822256488771_n大雨の中ありがとうね〜!!!!14370149_1062445230536241_6257136009267884355_n

フィニッシュ後の会場でも会話が尽きることはありません。人の数だけドラマがあるとは正に王滝レースも一緒。参戦者一人一人にドラマがありますね!同じコースですが違ったストーリーが作られるんですよね。その話を聞くのも話すのもすご〜く楽しいんです。img_9502

定宿の藤屋さんは、はっきり言ってもう家族です!そして、宿泊仲間の方達も然りです!宿へ着くと自然と「ただいま〜!」っと言ってしまうほどです(笑。
img_9539

 

レース後、冷え切って宿へ戻ると暖かいお風呂を用意してくていた上ににゅう麺をお風呂上がりのタイミングで作ってくれました。舌だけでなく心の奥まで響く一生忘れないほどの美味しさでした。あの時は本気で泣けてきました。ありがとうございます。14433081_10154588919256151_4706062343351559236_n

地元王滝村の日野製薬さんの日野百草は体調管理には欠かせないアイテムでいつも助けられています。ありがとうございます!もう王滝村は私の第2の日本の故郷と言っても過言ではないでしょう!img_9545 オフィシャル表彰台の後には恒例?!の裏表彰台!

いつも元気をたくさんくれるマイルポストの皆さんと〜!14332940_1089666737737472_1295275467840641437_n

京都朝6の皆さん達と!皆さん面白すぎていつも笑いすぎてしまいます。最高っす!14355510_1167745016634145_2356814353786565414_n

そして、自転車コーキ屋のメンバーで!!!渕井さんも忙しい中で(というか私が忙しくさせたのかw)100km完走したのは本当にリスペクトです!!!山ちゃんもあの大雨の中で迷わず出走して本当に頑張った!!!グレートレース参戦も期待しているよ!!!14355166_857937314342545_8099718788631681949_n

という感じで今回の王滝を振り返りましたが、リピートする理由あり過ぎ!というのが率直な気持ちでした。

王滝村を離れる時にはいつも名残惜しいのです。

王滝村の大自然、素晴らしい人との沢山のご縁、そしてそれを繋げてくれている大会、感謝しかありません。

早くもまた来年も皆さんと笑顔でこの地で再会したいと思っています!

次は最強の「チャレンジャー」として最高の走りをお魅せするので宜しくお願いします⭐︎