ヤックアタック2016レースレポート前半

大会名:ヤックアタック2016
大会ウェブサイト:http://theyakattack.com/yakattack/
開催地:ネパール・アンナプルナサーキット/ムスタング
開催日時:2016年11月3~16日
結果:9ステージ総合5位
ステージ1(33km、獲得標高1190m、最高標高1616m):7位
ステージ2(71km、獲得標高2900m、最高標高2700m):5位
ステージ3(30km、獲得標高1250m、最高標高3540m):5位
ステージ4(16km、獲得標高1238m、最高標高4450m):6位
ステージ5(11km、獲得標高1036m、最高標高5416m):6位
ステージ6(46km、獲得標高2050m、最高標高4080m):3位
ステージ7(38km、獲得標高1400m、最高標高4010m):6位
ステージ8(54km、獲得標高2150m、最高標高4288m):4位
ステージ9(32km、獲得標高1250m、最高標高3751m):8位
タイム(9ステージ合計):24時間55分55秒

世界で最も高い地で行われるマウンテンバイクレース「ヤックアタック」。ネパールのヒマラヤ山中で行われる世界で最も過酷なレースとして世界にその名を轟かす。

特に今年は10周年記念ということでステージ数も増え、コースも大幅に変わり、例年のアンナプルナサーキットに加え、許可が無いと立ち入ることができないネパールの聖地「ムスタング」がレースの舞台となった。ステージ3からステージ9までの平均標高は3500mを越え、例年より過酷さは増し、よりダイナミックなコースとなった。

2年前は準優勝、昨年はレースをリードしている最中に落車からの怪我。届きそうで届かない優勝。「今年こそはてっぺん!」その強い想いを胸に4回目の出場を決意した。

st1

ステージ1(33km、獲得標高1190m、最高標高1616m:タイムトライアル):

1分のインターバルで一人一人出走するタイムトライアル形式。コースは前半約15キロの荒れた険しい登り。ここでできるだけ前のライダーを抜かし、出し切って登頂し、後半フィニッシュまでの得意な下りでさらにタイムを稼ぐ。単純な作戦だ。

優勝候補とアナウンスされてコールアップ。多くの声援にテンションはマックスまで高まる。スタートから自分のレッドゾーンを見極めながら冷静に追い込む。しかし、普段のレースよりも息が早く上がり、足も重く感じ始める。序盤は一人での走行なので自分が速いのか遅いのかが判断できない。

登り中盤からその答えが明らかになる。後ろからスタートした選手に次々と抜かれていく。必死にもがいて着いていこうとするが、気持ちに身体が全く着いていかない。

st1mtbmagasia

©Mtbmagasia

「なぜ?」「こんなはずではないのに!」「必死に準備してきたのに!」

今理由を探しても仕方ないのはわかっているのに、気持ちの中で葛藤し、見苦しくもがく。とにかく最後まで出し切ったが7位という最悪の初日となってしまった。まだ1日目。明日こそは本調子がでるはずだ。自分に言い聞かせる。

ステージ2(71km、獲得標高2900m、最高標高2700m):

今大会で最長にして、最大獲得標高のクイーンステージ。スタートから先頭集団に食らい付き、先頭に出る場面もあるが、昨日に続きどうにも足の反応が鈍い。

普段だったら着いていけそうなペースアップにも置いていかれ、ずるずると遅れ一人旅となる。パワー数値に目をやると置いていかれるようなスピードではない。

st2matt3

©Matt Rousu 写真中ライダーはLeigh Ann

先頭から離れて4時間以上の孤独な登り。延々と続くきつい坂と葛藤する自分との戦いの時間。

st2matt1

©Matt Rousu 写真中ライダーはLeigh Ann

刻々と変化するダイナックな素晴らしい景色すら今の自分には皮肉に見える。昨日同様、今更考えても仕方がない不調の理由まで勝手に頭が探し始める。

2月からの長いシーズンの疲労が溜まっているのだろうか?レース直前の追い込みトレーニングを焦ってやり過ぎたのだろうか?オーバートレーニング?だとしたら今どうする?どんなチョイスが残されている?

st2matt

©Matt Rousu

結果とパフォーマンスが出ないのだったら続ける意味あるのか?違う!

こんなに苦しんでも結果が出ないんだったら足を緩めても良いのでは?違う!

心の中で自分と格闘する。

必死でトレーニングしてきた自分と心から応援してくれる沢山の人たちを思い出す。

すると、

どんなに調子が悪くても、どんなに辛くても、どんなに悩んでも、

行き着く結論は常に一つ。やることはただ一つ。

「今のベストを尽くす」。

二日目。昨日より二つ順位を上げて5位でフィニッシュ。

ステージ3(30km、獲得標高1250m、最高標高3540m):

距離は短いがいよいよ標高3000mを越え始める。

st3matt1©Matt Rousu

標高の反応は人それぞれ違うが、今年は低酸素テントに寝泊まりし、低酸素ルームに通いトレーニングを入念に行った。

相変わらずトップ4人からは遅れを取っているが、例年よりもきつい中での呼吸は楽な気がする。

st3matt

©Matt Rousu 写真中ライダーはLeigh Ann

昨年、このステージのフィニッシュには酸欠気味になりフラフラたどり着いた思い出があるが、今年は後半に行くに連れて足が回る良い展開。まだまだこれからのステージに希望があると思わせてくれる日となった。5位でフィニッシュ。

ステージ4(16km、獲得標高1238m、最高標高4450m):

16キロとかなり短いが3500m−4500mへ上がる標高が超高いステージ。この標高で追い込み一回息が上がると、頭もクラクラし、普通の呼吸に戻すのに平地の倍の時間はかかる異常な世界。

14962539_10154754764951151_4488152929970186088_n

ここに来て、争う順位が微妙に変わってくる。トップにいたアジェイが標高のせいか調子を落としてくる。しかし、高地に来てグングンと強みを見せてくるライダー達もいる。特にネパール選手の何人かは活き活きとしている。

ヤックアタックの絶対王者と言われるアジェイを交わしてもトップ5に入れない状況。今までトップ争いに絡むことがなかったナラヤンやローンが頭角を現し、標高を物ともせず強みを見せてくる。低地のレースではない展開だ。

標高4000mを越えてのレースはやはり別世界。スローモーションに感じるほど体の反応は鈍い。空気も極度に乾燥し、強風による砂埃で呼吸器系に余計なダメージを与える。

st4tito

©Tito Tomasi

ゴールまで続く崖と隣り合わせの狭いオフキャンバーシングルトラックを登る。急勾配なので酸欠でフラフラすると滑落すらし兼ねない危険なセクション。基本に帰り、ゆるい砂礫の路面のトラクション確保に集中し、大事に一漕ぎずつゴールへ向かった。

dsc01353

フィニッシュゲートをくぐるその瞬間まで追い込み続け、6位でフィニッシュ。4日間総合は5位。

ステージ5(11km、獲得標高1036m、最高標高5416m):

昨晩から喉の痛み、止まらない鼻水、悪寒が始まった。4500mの標高、低い気温(部屋に暖房器具はもちろん無い)、昨日の乾燥と砂埃の影響だろうと思っていた。

午前2時30分起床。寝袋から出るのも苦痛なほどに寒い気温と体調の中、ほぼ無理やり朝ごはんを胃に詰め込み、4時スタートのために準備を進める。

コース前半5.5キロはほぼ乗車不可能なのでバイクを担ぎ、自分の足で歩き、登山で大会中最高地点ソロング峠(5416m)を目指す。

私はバックパックにバイクをストラップでくくりつけて登った。選手によってはそのまま肩、背中、頭にバイクを担ぐ。

dsc01402

午前4時はまだ真っ暗なのでヘッドランプを点けてのレーススタート。序盤は手をつく必要がある急斜面な箇所もあり、バイクを担いでいると非常にきつい九十九折が続く。ここで集団は一気にばらけていく。

dsc01409

しかしながら路面コンディションは過去最高に良く、まさかの残雪が一切ない。昨年は残雪やアイスバーンも多く、頂上まで乗車箇所はほぼなかったのでバックパックにバイクをくくりつける作戦をとった。

しかし、平坦や緩い登り箇所は乗車可能という予想外の事態。乗車する選手に抜かされる場面もあった。ストラップを外そうかとも迷うが先が読めないので選択に悩まされた。結局、最初に決めた作戦を選び、頂上までは担ぐことにした。

今日のステージは、標高での強さに加えて、登山の力も必要とされるので上位選手達が微妙に入れ替わる。ネパールの選手は全体的に登山が強い。山岳民族の遺伝的なものなのだろうか。

バイクの背中にかかる荷重が一定でないので時間が経つと腰が痛くなる。かく汗も一瞬で凍えるほどに冷えるので立ち止まることも許されない。ヘッドライトで照らされた目の前のトレイルを必死に、ただひたすら進むだけ。

水分補給は胸ポケットに入れた小さいフラスコから大事に飲んだ。外に出しておくと凍って飲めなくなってしまうからだ。

約2時間でようやく登頂。この時点では8位。昨年は約3時間かかっているので今年のコンディションはかなり良かったことが伺える。それにしても2時間は悪くはないタイムだ。周りがとても強く速いのだ。

dsc01474

↑は昨年の登頂時の写真。今年は雪は全くなく、最高のコンディションだった。

dsc01504

↑昨年の峠からの写真。この絶景の中を一気に爽快にダウンヒル。

dsc01513

↑名物の吊り橋。かなり揺れるし、高さもあるので高所恐怖症の私にとっては結構な難関だ。

せっかくの登頂記念だが、頂上だと気づかないほどにまだあたりは暗かった。ゆっくりと日の出など拝んでる暇などもない。順位を少しでも取り返すために最小限の時間でバイクをバックパックから外し、補給食を摂り、ダウンヒルへと突入した。

超テクニカルだが約2000mの標高差を一気に下る極上のダウンヒルだ。

下りに入るとうっすらと明るくなり始め、ダイナミックなヒマラヤ・アンナプルナの360度パノラマの絶景が現れてくる。

その中をMTBで思い切り駆け抜ける爽快感は言葉ではなかなか表せない。

マウンテンバイクをやっていて良かった。心底そう思える瞬間だ。

下りしかないのでサドルは思い切り下げてダウンヒル仕様に。ブレーキを最小限に飛ぶように下る。

スピードを上げれば上げるほど、冷たい空気と共にキンキンに神経が研ぎ澄まされていく。タイヤのノブ一つのヨレまで感じるくらいの集中の塊となる。

転んだら命を失うほどのスピード、滑落の危険との隣り合わせ。しかし、このスリルが生きていることを実感させ、テンションを最高潮にさせてくれる。

危ないと思われるかもしれないが、逆に恐怖を感じ、スピードを緩め、雑念が多い方が集中しきれていないので落車につながることが多いのだ。

確かにスピードは出ているが、極限まで集中しているので滅多に転ぶことは無い。機材もそれに耐えうる最高のチョイスをしている。

だいぶ前に登頂した二人を抜き去り、順位を一気に6位へ上げた。

もっと下っていたい。もっと長くこの集中の世界に身を置いていたい。

そんな最高のフィーリングの中、フィニッシュラインをくぐった。

ステージ6位。5日目総合は5位。

順位には満足していないが、5416mからヒマラヤを一気に駆け下りるダウンヒルを体験できたことには心から満足できた。あのきつい登山をした甲斐は十二分にあり、最高のご褒美だった。

やはりマウンテンバイクは最高のスポーツだ。

後半戦へ続く。

14900365_10154740864986151_2783054438901500458_n

高地順応/低酸素トレーニング特別協力:
HYPOXICO 低酸素システム
ニュートラルワークス[NEUTRALWORKS. BY GOLDWIN](低酸素ルーム/リブートストレッチ)

登山・アウトドア装備協力:
THE NORTH FACE

レース中機材・装備:
バイク: Canyon LUX CF 29 チームエディション
フォーク・リアショック:Rock Shox RS-1Monarch XX
ブレーキ:SRAM Guide RSC
ドライブトレイン:SRAM XX1, フロント32T(ステージ2から30T)
タイヤ: Continental X King 2.2Protection: 前後18〜20PSI
シーラント:Stan’s NoTube Race Sealant
グリップ: Ergon GS1
グローブ: Ergon HX2
サドル:ERGON SMR3 S Pro Carbon
ペダル: Crank Brothers Eggbeater 11
ヘルメット: Limar
工具・サドルバッグ・ボトルケージ: Topeak
チェーンオイル:Finishline
補給食:GUパワーバージェル&VESPAプロSayako’s Kitchen
ソックス:C3fit 
テーピング:ニューハレ
ケーブル/ワイヤー:JAGWIRE
ヘッドバンド:Halo II (ヘイロ II) プルオーバー
チームジャージ:Primal Wear

パーソナルスポンサー:
NEW HALE:テーピング
自転車コーキ屋
Peaks Coaching Group Japan
VESPA
パワーバー
THE NORTH FACE
C3フィット
なでしこ健康生活・生きている玄米
ヒロコンフーズ
VITAMIX
HALO HEADBAND:ヘッドバンド
オルタナティブバイシクルズ
民宿 藤屋(王滝村)
百草丸 日野製薬(株)
スポーツクラブ ルネサンス

チームスポンサー:
Ergon
Topeak
Canyon
SRAM XX1
ContinentalTires
Primal Wear
Finish Line
Crank Brothers
Chamois Butt’r
Stan’s No Tubes