今年の池田祐樹ベスト5MTBレース!!

年末ということで、

今年のレースを振り返り、特に印象深かったトップ5レースをランキンングしました!

今回の基準は優勝だけではなく、楽しさと自分が学んだことが多かったレースを中心に選考しました。

出場したレース全て、一つ一つにドラマがあったので選ぶのは非常に難しかったです。。。

まずは!

5位!

ジョーバーグ2シー9日間ステージレース、南アフリカ

レースレポートはここから

親友であり、元チームメートであり、24時間ソロ世界チャンピオンでもあるソーニャ・ルーニー選手(USA)とデュオで参戦しました。

13012625_10154153225921151_1950935842025577607_n

南アフリカは2回目でしたが、今回はレースを通じて新たな経験がたくさんできました!
13043504_957356424378456_7107225867587084911_n

南アフリカの大地を舞台にするダイナミックなコース!

IMG_6939

初めて経験するユニークなコース!IMG_8064

結果はプロ男女ミックスカテゴリー4位。最後まで3位争いをしましたが一歩及ばず。。。13062325_904868372952643_7922360495188644283_n

この水上シングルトラックがスリリングで楽しいのです!

IMG_7540

動くし、滑るし、遅いと沈みます(笑。IMG_7542

レース以外でも、英語での講演会も行いました。初めての経験で勉強になりました。

img_6195

アフリカの大自然最高でした!img_6727

 

第4位!

テルユライド100、アメリカコロラド州

渾身の(笑、レースレポートはここから。

3連覇を懸けた戦いだったのですが、USAチームメートのブライアンからパンクで離れたタイム差を縮められず僅差で負け、準優勝。彼とは昨年も最後の最後まで競い合った最強のライバルにして最高の友。

img_8673

テルユライドはロッキー山脈に囲まれた最高に美しい場所。しかし、その160キロのコースは過酷を極める。img_8453

レース時間は7時間48分16秒。この間は休む暇は一切なく、全神経を集中し、全てを出しました。

13775440_1015626648551433_5689321449461781419_n

自分のポテンシャルを最大限引き出してくれたテルユライドとブライアンには心から感謝でした。ありがとう。

 

第3位!

秋のSDA in 王滝120キロ。

準優勝レースレポートはここから。

負けました。

14368923_1062459233868174_7077155989040583873_n

国内最大の長距離レース。昨年の秋、今年の春と連覇をしていたところ、国内の長距離レースでまさか負けるとは。というのが本音でした。

14390848_1062460727201358_909857849449447939_n

優勝した宮津選手は強く、悪天候の中でもスマートにレースを運びをしました。

14433224_1062460847201346_1652822760666385910_n

今回の負けは、死ぬほど悔しかったですが、すごく刺激的でした。正直言うと王滝へのモチベーションが少し下がっていたのも事実。しかし、今回の2位という結果で再び心が燃え上がっています。今まで以上にモチベーションが高くなっています。

14358743_10154589162456151_442551835839877244_n

今回の王滝の結果は成長のチャンスだと思います。

次回は「チャレンジャー」として、必ずもっともっと強くなって帰ってきます。そして、再び頂上へ!

14344960_1062445217202909_2271827585340727917_n

 

 

第2位!

ヤックアタック10日間ステージレース、ネパール

レースレポート前半レースレポート後半

優勝するために気合を120%注ぎ込んで臨んだレース。しかし、総合結果は5位で惨敗。しかし、今回のランキングは2位。

詳しくはレースレポートを読んでくれればわかりますが、体調を崩したり、ロストしたり、とにかく辛く展開でした。しかし、その中で見た自分への可能性は忘れられません。

_dsc1336

最高標高は5416m。極限の環境で全力で戦う。

_dsc0841

世界で最も過酷、最も美しいMTBレース。

_dsc1488

一生忘れられない絶景と体験が待っている。

_dsc1506

きつすぎる。もうレースを続けられない。何度もそう思う。しかし、そこから本当の勝負が始まる。

_dsc1746

諦めない。月並みの言葉だけれど、今回のヤックアタックほど「諦めたくない」と強く思ったことはないだろう。

_dsc1984

9日目。体調も最悪、もう何も残っていないはずの身体から出てきた最高のパワー。

_dsc2139

自分に対してすごい!っと思えた日。

まだまだやれる。まだまだ成長できる。そう感じさせてくれたヤックアタック。_dsc2189

結果以上に得たものが多かった。_dsc2283

だからレースはやめられない。_dsc2680

 

2016年の印象に残ったレース、第1位!!!

ランブル・イン・ザ・ジャングル4日間ステージレース、スリランカ

優勝レースレポートはここから

やっぱり優勝はレーサーにとって最高に幸せな瞬間。レーサーはこの時のために全てを懸けている生き物です。

13432221_10154302873546151_9132594041246587167_n-2

しかし、決して楽な展開ではありませんでした。13413733_10154301700786151_5936156534227053693_n-2

実際、ステージ優勝は初日だけ。あとの3日間はかなりの苦戦を強いられました。

2A6A8120

だからこそ得た勝利の喜びは大きい。価値が大きい。

2A6A0254

最高のライバル達が自分を高めてくれる。13501874_997600480309187_3425673503863670034_n

以上、私の今年のレース、トップ5でした!

来年は一体どんなワクワクするレースが待っているだろうか!

レースを最大限楽しむためにも、日々精進、努力、継続、感謝!

引き続きよろしくお願いします⭐︎

2A6A2091