池田 祐樹プロフィール

YUKI IKEDA /池田祐樹(いけだ ゆうき) PROFILE

Profile
マウンテンバイク  プロ アスリート、コーチ、ライター
USA Cycling certified coach
USAサイクリング協会認定コーチレベル2
6年連続MTBマラソン世界選手権日本代表

池田祐樹ドキュメンタリー映像

トピーク・エルゴンレーシングチームUSA所属プロライダー、かつ日本人初の米国自転車連盟認定コーチ。ライターとしての顔も持つ。MTB競技で国内外の耐久や長距離レースに挑戦している。TV、ラジオ、雑誌、メディアの露出も多く、MTBの普及活動を積極的に行っている。東京都青梅市在住。

  • 2016年1月17日19:00~20:49 NHK BS1 グレートレース「大草原を疾走せよ ~モンゴル 900㎞~」(計99分) に出演。
  • 2015年1月4日21:00〜22:50 NHK BS1にて池田祐樹の密着ドキュメンタリー「『世界をダイナミックに駆ける!』グレートレース 灼熱の大地を疾走せよ~オーストラリア700km~」100分が放映された。

コーチ資格:
アメリカ自転車連盟(USAC)認定コーチ レベル2
アメリカ自転車連盟(USAC)認定 パワーベーストレーニング コーチ

2016年の主な戦績
MTBマラソン世界選手権日本代表(6年連続)
優勝:ランブル・イン・ザ・ジャングル4日間ステージレース、スリランカ 6/12-18
優勝:SDA in 王滝100km、長野県王滝村 5/22
優勝:京都ゆぶね「春よ恋ひ」TOPEAK4時間エンデューロ、京都府和束町 3/20

2015年の主な戦績
MTBマラソン世界選手権日本代表
ステージ1優勝(総合5位):ヤックアタック、ネパール 11/7~11/15
優勝:SDA in 王滝120km、長野県王滝村 9/20
優勝テルユライド100、コロラド州テルユライドUSA、7/25
優勝(全6ステージ優勝): アルパックアタック6日間ステージレース、アルゼンチン/チリ、4/12-19
優勝: CSCクラシック2.5時間耐久、伊豆修善寺

2014年の主な戦績
MTBマラソン世界選手権日本代表
優勝: アドベンチャーIN富士見、長野県富士見パノラマスキー場
優勝: ブレックエピック3DAY、コロラド州ブリッケンリッジUSA
優勝: テルユーライド100、コロラド州テルユーライドUSA
優勝: ヒルクライムinおんたけ、長野県王滝村
準優勝: ザ・ノースフェイス・ヤックアタック、ネパール アンナプルナサーキット
2位: キング・オブ・MTB王滝、長野県王滝村

2013年の主な戦績
MTBマラソン世界選手権日本代表
優勝: キング・オブ・MTB王滝、長野県王滝村
3位: SDA in 王滝120km, 長野県王滝村
優勝: ブレック・エピック6DAYデュオ、コロラド州 USA
2位: ヒルクライム・イン・おんたけ、長野県王滝村
3位: SDA in 王滝100km、長野県王滝村

2012年の主な戦績
MTBマラソン世界選手権日本代表
優勝: キング・オブ・MTB王滝、長野県王滝村
優勝: SDA王滝120km、長野県王滝村
優勝: SDA王滝100km、長野県王滝村
3位: J2緑山、神奈川県緑山スタジオ
優勝: ロッキーマウンテン耐久シリーズPVサイクルダービー、コロラド州USA
3位: サンタクルーズMTBフェスティバルショートトラック、カリフォルニア州USA

2011年の主な戦績
MTB マラソン世界選手権日本代表
 2位: SDA王滝120km、長野県王滝村
3位: SDA王滝100km、長野県王滝村
3位: SDAおんたけヒルクライム、長野県王滝村
優勝: ブレックエピック(ステージ1&3:優勝、ステージ2:2位)、コロラド州USA
3位: キング・オブ・ザ・ロッキーズ、コロラド州USA

2010年の主な戦績
3位: メロージョニーズ6時間、テキサス州USA
優勝: ファルコン100km、コロラド州USA
優勝: ファイヤークラッカー50:マーヴェリッククラス、コロラド州USA
3位: 24時間オールドプエブロ:5人チーム、アリゾナ州USA

2009年の主な戦績
総合優勝: ロッキーマウンテンウルトラ耐久シリーズ、USA
3位: 24時間モアブ耐久デュオ、ユタ州USA
3位: ブリッケンリッジ100、コロラド州USA
優勝: 24時間オールドプエブロ 5人チーム、アリゾナ州USA

2008年の主な戦績
優勝: ロッキーマウンテンウルトラ耐久シリーズ、USA
優勝(プロ初優勝):12時間スノーマス耐久ソロ、コロラド州USA

2007年の主な戦績
2位: カレッジロッキーマウンテンカンファレンス、USA

2006年の主な戦績
優勝: カレッジロッキーマウンテンカンファレンス、USA

コーチ活動: 日本体育大学で学ん知識を基にアメリカで最新のトレーニングを学び、現在では日本人初のアメリカ自転車連盟(USAC)認定レベル2コーチ、パワーベーストレーニング資格保持者となる。2007年からオンラインでサイクリングコーチを行う次世代型のサイトーコーチング(現イケダコーチング)を独自に立ち上げ、アメリカと日本でビギナーからプロ選手、元留学先の大学サイクリングチームと幅広い層のアスリート達を指導する。

2010年、トレーナー用にエクササイズプログラムを提供するPT on the NET社の契約エクササイズプログラマーとなる。サイクリングに特化したジムでのエクササイズプログラムをレベルに応じて作成して提供する。MTB技術クリニックやグループライドを企画し、定期的に行っている。日本のエリート/プロ選手ではスペシャライズド所属の全日本チャンピオン・オリンピアン片山梨絵選手、2011年ナショナルランキングチャンピオンの小野寺 健選手。2011年U23MTBチャンピオン合田啓祐選手、2010年U23 MTBチャンピオン竹之内 悠選手のパーソナルコーチ経験あり。

メディアで取り上げられた主な活動

テレビ

  • NHK BS1 グレートレース「大草原を疾走せよ ~モンゴル 900㎞~」

2016年1月17日19:00~20:49 (計99分)

  • NHK BS1 GREAT RACE「灼熱の大地を疾走せよ!オーストラリア700km」

2015年1月4日(日)午後9時00分~午後10時50分

参加すれば人生が変わるレース、グレートレース。オーストラリア北西部で世界一過酷なマウンテンバイクレースが行われた。9日間で距離700キロ、累積1万3千メートルもの標高差を走らなければならない。世界の強豪が集うこのレースに日本の若手プロライダー池田祐樹が初挑戦!さらに、勝敗ではなく完走を目指して参加するライダーが多いのもこのレースの特徴。過酷なレースの果てにライダーたちは何を得るのか…完全密着!

2013年8月11日(日)22:00~22:55【再放送】2013年8月18日(日)22:00~22:55

内容:所ジョージさんが興味を持った私のレースバイクについて、私のマウンテンバイク世界観、アメリカで撮影したヘルメットカメラ映像など

第1:2013年6月3日(月)~6月9日(日)1日3回“小平市で自転車屋さんを営むチムチムレーシングさんのお店が紹介され、そこでサポートを受けているプロライダーとして登場。”

第2:2013年6月10日(月)~6月16日(日)1日3回“地元の公園やグルメスポットを回るサイクリングツアーを引率”

書籍

イベントゲスト出演

  • 2015年3月26日/イベント「バイタミックスS30 新商品発表会」トークショーゲスト出演

Movie「バイタミックスS30」出演 http://roop-outdoor.com/news/vitamix-s30/(こちらのリンクからご覧いただけます)

ラジオ

人気モデルハマジこと 浜島直子さん MCを務めるbayFM78 TOKYO GAS Curious HAMAJ I 』に、Curiousゲストとして2週に渡って出演。MTBの魅力や始めたきっかけなどを紹介。放送:2014年3月29日(土)、4月5日(土)AM11:00〜11:48

  • FM NACK5(関東一円カバー)

番組:「monaka」番組内、コーナー番組「JO-SPO」 2013年9月23-26日 4日間連続放送10:10-10:20

タレントで番組MCの福島和可菜さんが9月15日開催の「王滝クロスマウンテン100km」参戦にあたり、マウンテンバイクの練習方法、マウンテンバイクの特徴や楽しみ方を教える内容。 

ウェブ

  • 2013/08/23産経デジタル・サイクリスト―“池田祐樹さんが挑んだ北米最大のMTBマラソンレース「レッドヴィル・トレイル100」 自己最高記録を更新” http://cyclist.sanspo.com/90477
  • 2013/08/18シクロワイアード -ホットニュース MTB“BreckEpic2013北米の6日間MTBレース BreckEpicで池田祐樹がデュオクラス優勝!”http://www.cyclowired.jp/?q=node%2F114965
  • 2013年産経デジタル・サイクリスト―“世界のトレイルからPart 2”2013年5月31日~2013年7月26日に渡る5回連載”http://cyclist.sanspo.com/tag/trails-from-world
  • 2013年産経デジタル・サイクリスト―“賞金総額4万ドル! 町ぐるみで盛り上がったMTBレース「ウィスキー・オフロード」を疾走”http://cyclist.sanspo.com/68218
  • 2013年産経デジタル・サイクリスト―“世界のスピードとパワーを痛感 「シーオッタークラシック」に日本のMTBトップ選手4人が参戦”http://cyclist.sanspo.com/66282

 雑誌

  • 2015年4月20日 /雑誌「CYCLE SPORTS」6月号 大特集『目指せ頂点!!』(8P)
  • マガジンハウス「Tarzan」 No.637-“Leadville Trail 100 MTB Race Report.”P106-109
  • 枻出版「バイシクルクラブ」12月号 -“SUBARU XV TRAIL JAM-豪華ゲストライダーがイベントをナビゲート”P222
  • 八重洲出版「サイクルスポーツ」11月号 -“サイスポニュースサーバーOFF ROAD 池田祐樹「ブレックエピック」デュオ・メンの部で完全勝利!”P201
  • 枻出版「バイシクルクラブ」11月号 -“SHARE THE TRAIL~ブレックエピック6DAYS完全優勝!第2の故郷で復活を果たした池田祐樹~”P158-159
  • 枻出版「バイシクルクラブ」10月号 -“チーム・ナカザワジムのBCBR参戦記”早瀬さんのコーチ役として登場 P206
  • Grand Junction Off Road, Grand Junction, Colorado, USA 8/31-9/1, 2013フリーペーパー-ERGON広告モデル
  • 枻出版「バイシクルクラブ」11月号9月号 -Bicycle Club DVD Magazine Vol.1-2013年9月号特別付録30分“トピークの超便利アイテム2点を池田祐樹選手がリアルにレポート!”
  • 八重洲出版「サイクルスポーツ」9月号 -“Pro Line Vol.9世界中で大流行!XC“マラソン”ってなんだ? P134-137
  • 枻出版「バイシクルクラブ」7月号 -“Sea Otter Classic” モデルとして登場 P66-68
  • ネコ・パブリッシング「DAYTONA」6月号 No.264 – “05 Bicycle(所さんの世田谷ベースに訪問)” P32-33
  • マガジンハウス「Tarzan」 5/9 No.625-“YAKATTACK2013MTB池田祐樹が綴る参戦記”P108-111
  • 八重洲出版「サイクルスポーツ」5月号-“池田祐樹のザ・ノースフェイス・ヤックアタック挑戦”P202-203
  • 八重洲出版「サイクルスポーツ」5月号- 別冊付録“TOPEAK ライドをイージーにする77の方法 バイクギア&ツール使いこなし図鑑 モデル・TOPEAK製品紹介・アドバイザー・ライダーとして登場”
  • Whiskey Off Road, Prescott Arizona USA 4/26-28, 2013フリーペーパー-ERGON広告モデル
  • (株)アールビーズ「ファンライド」2-3月号-“南房総でトモに走ろう ゲストライダーはプロMTBレーサー池田祐樹選手”P130-131
  • 八重洲出版「サイクルスポーツ」ポタナビ

2012年以前

  • 2012年造形社MTBオンリーXC VOL.1 P40-43-“100kmのためのフル装備”
  • 2012年八重洲出版サイクルスポーツ12月号 P145-148“ダートクエストⅢ”P229“CNS”
  • 2012年枻出版バイシクルクラブ11月号 P40-45 -“あなたのお悩み解決”、P144-145 -“バイシクルクラブフォトパーティー”
  • 2012年八重洲出版サイクルスポーツ10月号表紙 P64-85〝ピンチ脱出!カラダの回復術“
  • 2012年八重洲出版サイクルスポーツ5/6月号 P128〝トップエリート選手の今年はどんなだ?″
  • 2012年八重洲出版サイクルスポーツ4月号 P132-135〝2か月で強くなるトレーニング術″
  • 2012年枻出版バイシクルクラブ3月号 P.38-49“池田祐樹選手が組むトレーニングメニュー”
  • 2012年枻出版バイシクルクラブ2月号 P.94-99“最新29erMTBを乗りこなすためのポジション講座”
  • 2012年枻出版バイシクルクラブ1月号 はじめてのお掃除メンテBOOK“池田祐樹選手に聞いたプロ世界のクリーニング”
  • 2011年八重洲出版サイクルスポーツ12月号 P186-187〝メリダミヤタカップ″
  • 2011年枻出版バイシクルクラブ12月号 P.54-55“パトリックコーチと池田コーチが語る、コーチの活用法”、P128-129-“SHARE  THE TRAIL”
  • 2011年造形社MTB only VOL. 2-P.32 “ハードテイルが、今おもしろい!”
  • 2011年枻出版バイシクルクラブ11月号 P.92-112〝2012最新MTBインプレッション″
  • 2011年八重洲出版サイクルスポーツ10月号 P.74-79-“自転車でカラダを変えるアドバイザー役 
  • 2011年八重洲出版サイクルスポーツ8月号 P.184 – “ブレック・エピックで池田祐樹選手が優勝!
  • 2010年Mountainflyer Magazine: #17, P.66 – コロラド州ガニソンで行われたオリジナルグラウラー64で6位になったことについての記事。
  • 2010年枻出版バイシクルクラブ11月号, p110~ – “That’s Real MTB!コーナー:2011MTB IMPRESSION”
  • 2010年八重洲出版サイクルスポーツ9月号, P.202 – “齊藤祐樹、全米XCマラソン選手権でクラス優勝!”
  • 2010年八重洲出版サイクルスポーツ4月号, P.194 – “齊藤祐樹選手、24時間レースで2位入賞!”
  • 2010年BikeRumor.com: “耐久トレーニングアドバイス:トピークエルゴンライダーとのインタビュー、パート2”

http://www.bikerumor.com/2010/12/03/endurance-training-tips-interview-with-topeak-ergon-riders-part-2/#more-25331

  • 2009年八重洲出版サイクルスポーツ11月号, P.223 – “アメリカの耐久レースで活躍する齊藤祐樹”
  • 2009年八重洲出版サイクルスポーツ6月号, P.98 – “アメリカで活躍する日本人MTBプロの斉藤祐樹選手の所属するエルゴン-トピークチームのスポンサーでもある” p.100-101“高地トレーニングを実施”、“斉藤祐樹コーチの指導を受けてコンディショニング”
  • 2009年、2010年映画レースアクロスザスカイ一部登場:http://www.raceacrossthesky.com/
  • 2009年~現在、エルゴン公式ブログ/ニュースレターにレースを中心にした活動が掲載

例)                 2010年メロージョニーズ6時間- http://www.ergon-bike.com/us/en/blog/?p=3911

²  2010年レッドビル100- http://www.ergon-bike.com/us/en/blog/?p=3297

  • 2007年メトロポリタン大学新聞 (THE METROPOLITAN), 10/18- スポーツ欄A13 アメリカでトップマウンテンバイカーになるまでの経緯、今後のサイクリストとしての展望についての記事
  • 2007年メトロポリタン大学新聞 (THE METROPOLITAN), 9/13- スポーツ欄A13 メトロ大学サイクリングチーム2回目のMTBシーズン開幕戦でのトップ10フィニッシュを中心にした記事

池田 祐樹プロフィール” への2件のコメント

  1. ゆうき、すごいねがんばってるね。
    活躍を知って勇気もらいました。

    colorado school of english で一緒だった長崎のかおりだよ~(^^)/

    • おお!かおり!
      コメント今気付きました。すまん~
      ありがとう!
      そっちは元気にしているかな~??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>